花粉症と言えば、
鼻水や目のかゆみが主であり、
喉関係の症状としても
痛い、かゆいといった感じ。

しかし、

花粉症でも咳き込む事や、
むせる場合もあるようなので
その際の原因や緩和方法について

やらさせてもらいます。

スポンサードリンク

喉や扁桃腺が痛かったり、
口の中が痒いだとかというなら
まだ花粉症っぽいと
言えなくもないのですが、

咳が出始めると、

花粉症意外に原因が
ありそうな気がしなくもない
って感じですよね。

花粉症で咳き込む・むせる原因は?

「花粉」というのは
菌とかウイルスではないので

一見すると「咳」という
風邪の代表的な症状とは関係が
なさそうな感じですが、

アレルギーによって
咳が出る事もあり、

つまり花粉が喉に入る事で
その花粉を排出しようとして
咳込む事やむせる事があります。

また、

鼻づまりによって
鼻水が上手く排出されず、
喉の方へ鼻水が流れている時には、

鼻に入った花粉が
喉に流れていくので、
その際にも花粉を出そうとして
咳がでます(痰が絡む事も)

なのでとにもかくにも、

花粉症で咳き込むとか
むせるのも「花粉」が原因です。

鼻水や目のかゆみと同じように

咳や痰というのも
喉がアレルギー反応を起こした際の
症状という事です。

しかしながら、

花粉が原因ではなく
風邪の場合もあります。

見分け方としては、

花粉症の場合は
鼻水がサラサラで無色透明、
痰が無色透明、くしゃみが多い

といった感じで、

風邪の場合は
鼻水や痰に粘り気があり
色が黄色い、くしゃみは少ない

という感じで、

主に「鼻水の粘度と色」
「くしゃみの回数」が
風邪か花粉症かを見分ける際の
ポイントとなります。

ちなみに、

花粉症の咳だと思っていても、
2ヶ月近く咳が止まらない場合は
「咳喘息」となっている
可能性がありますので、

あまりにも、
咳の出る期間が長い時には
病院へ行って下さいね。

スポンサードリンク

咳の症状を緩和するには?

さてさて、
花粉の季節に咳がでるのは、
喉に花粉が入った場合、
風邪の場合という
2つの原因がありますが

そのどちらが原因の咳だとしても
「喉の潤いを保つ事」が
症状を緩和します。

合言葉は「ウェット・オブ・マウス」

この「ウェット・オブ・マウス」を
普段から心掛けていれば
そもそも咳など、

喉関係の症状を
予防出来る可能性も高いです。

と言いますのも、

鼻づまりによって
ついつい口呼吸になると

喉が乾燥してしまい、
余計に喉が炎症しやすくなり、
つまりアレルギー反応も
出やすくなってしまいます。

なのでそうならない為にも、

喉をビッショビショにして
乾燥を防ぎます。

予防という意味も含め、

咳の緩和方法としては、

  • マスクをする
  • 部屋の湿度を上げる
  • のど飴をなめる
    (咳が出ている時には
    喉スプレーも有効です)
  • 薬を飲む

といった方法があります。

喉の乾燥を防ぎつつ、
「唾液を促す」ようにすれば
喉が常に潤っています。

そして、

花粉症による
咳を止めたいとか、
むせるのを止めたいならば

咳だけに対処するってよりかは、

アレルギー症状そのものを
抑えていくという感じですので、

アレグラなどの
「抗ヒスタミン剤」を飲むと
症状が緩和していくと思います。

しかしながら、

風邪が原因の場合には、
風邪の治療をまずは優先し、

抗ヒスタミン剤と風邪薬は
成分や効果が重複すると
危険な事になるので

併用しないようにして、

風邪を治す事で
咳き込む事やむせるのが
治まると思います。

風邪薬と
抗ヒスタミン剤については

こちらの記事も
あわせてお読みくださいませ↓

まとめ

って事で
咳関係の話題について
いろいろ書いてきましたが、

花粉症で咳き込むとかむせる時は
「喉に花粉がある事」や
「風邪」が原因で、

咳を緩和する為には

「喉の潤いを保つ事」を
念頭に置いて、

マスクやのど飴、
そして加湿機などを使って
喉を常にウェッティーな環境に
さらしましょう。

って事で、

合言葉は
「ウェット・オブ・マウス」

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。