花粉症と頭痛薬では
薬を併用しても大丈夫なの?
また、
市販ではどの薬が良いのか?

といった事から、

他にも出来る頭痛対処方を
いろいろまとめています。

スポンサードリンク

花粉症で頭痛があるのは

鼻づまりによって
酸素を取り込む量が少なる
いわば酸欠状態な時

首や肩こりからくる
筋肉の緊張

睡眠不足によるもの

といったモノが
主な原因とされていますが

こういったような
「2次的な頭痛」ではなく、

アレルギー反応的な
直接的な花粉症の症状として
頭痛が出る人もいます。

花粉症と頭痛薬の併用はOK?

そんな頭痛を止めるには、
やはり速攻かつ、お手軽な
「頭痛薬」を導入しようかと
思う人も多いと思います。

まずそもそも原因が
どれかにもよるのですが、

2次的な頭痛では無く、
花粉症の症状としての場合は
頭痛薬を飲んでも意味がありません。

この場合は
「アレルギー」が原因なので

アレグラなどの
「抗ヒスタミン薬」を飲む事で
頭痛の症状が治まると思われます。

しかし、

鼻づまりからくる場合や
筋肉の緊張の場合など

花粉が直接的な原因と
なっていないような場合には

「ロキソニン」や
「イブ」といった市販の薬で
頭痛が治まった人もいるようです。

逆に言えば、

抗ヒスタミン剤を飲んでるのに
頭痛の症状があれば
花粉以外に頭痛の原因があるとも
考えられますよね。

ちなみに、

花粉症とロキソニンについては
こちらも記事も
参考にしてみて下さい↓


また、

女性特有の頭痛の場合にも
飲み合わせが気になると思いますが、

花粉症の薬と頭痛薬の併用は
「基本的に大丈夫」
とされています。

例えば、

花粉症薬の「アレグラ」と
頭痛薬の「ノーシンピュア」や
「バファリン」などは

入っている成分が重複しないので
大丈夫とされています。

成分が被ってないので、
変に干渉せず、
ゆえに大丈夫という事です。

だからこそ逆に

花粉症の薬と頭痛薬や
あるいは風邪薬などの場合に
気を付けるべきは
「成分(効果)の重複」です。

特に風邪薬の場合は

成分の重複によって、
効き目(効果)が出過ぎてしまったり
副作用が出る可能性が上がるので、
お気を付け下さい。

その際の注意点などは↓


こちらの記事を
参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

他の対処法はアロマが良い?

とまあ「基本的に大丈夫」とか
「注意が必要」とか

どうしても個人差があるので
ファジーな事しか
言えないのが実の所なので、

薬は飲まない、
あるいは併用しないのが
やはり賢明ですし
最も無難な方法です。

なので、

薬以外の対処法を
まずは試して欲しいと思います。

さてさて、

鼻づまりから来る頭痛の場合は
鼻づまりを解消するのが
効果的な対処法です。

鼻づまり解消方法は
こちらの記事を参照に
して頂ければと思います↓


そして、

アロマの力を使うのも
頭痛への対処になります。

頭痛だけであれば
効果的なアロマの種類は
もう少しありますが、

花粉症にも良いという種類には
「ラベンダー」と
「ペパーミント」に
鎮痛成分がありますので、

花粉症の症状を緩和しつつも
頭痛に有効みたいな

一石二鳥的な使い方が
出来るかと思います。

ちなみに、

アロマと花粉症については
こちらも参考にしてみて下さい↓

最後に

一般的に大丈夫とされていても
効き目や作用には個人差があるので、

薬の飲み合わせが気になる場合は

やはり薬剤師か医師に
確認してから飲むのが確実です。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。