ノロウイルスかどうかを
病院で判断する場合の
検査方法だとか、

保険は適用されるのかとか。

そしてまた、
キットのなど費用を
まとめています。

スポンサードリンク

キットの値段は?

まず初めに

一般家庭ですぐに使えるような
迅速にかつ簡単に出来る
検査キットは売っていません。

検査は全て病院や
然るべき医療機関で行われます。

さて、

まずはどこの病院でも
比較的普及している

ノロウイルスの検査方法に
検査キットを使って簡易的に行う
「ノロウイルス抗原検査」
というのがあります。

これは

便を綿棒で採取して行う方法で、
15~20分程で
陰性か陽性かを判断出来る
検査になっています。

この検査キットの値段は
3000円程だそうです。

しかし

保険適用されるのが
3歳未満と65歳以上
抗がん剤治療中などの人のみ。

それ以外の人は自費となり、
つまり全額負担です。

保険適用の場合
キットの値段3000円に
初診料等が加算された
合計金額の3割負担になります。

しかしこの方法は
あくまで簡易的な事もあり、

陰性なのか陽性なのかが
100%の精度で
判別できるモノでは無いようで

感染しているのに
陰性が出る事もあるのだとか。

なのでお医者さんが
この人は検査をする必要があると
判断した場合しか行わないようです。

しかし中には

「ハッキリ知りたいので
ちゃんと検査してくれ」
という人もおられると思います。

でも全額負担で検査をした所で
やれる事は変わらないので

メリットといいますか
医者側にとっても
患者側にとっても
意味は無いようです。

とはいっても

100%の精度で
ノロウイルスの判別ができる
キットよりも精密な検査も
もちろんあるようです。

スポンサードリンク

検査方法や費用

こういった精密な検査は

ノロウイルスに感染した場合、
会社の規則として
精密な検査を受けなければ
仕事に復帰出来ない

というような人でなければ
受ける必要はありません。

さて、

その精密な検査方法ですが、
「電子顕微鏡法」
「RTーPCR法」
「リアルタイムPCR法」
というのがあるようです。

感染者の便や嘔吐物を用いて、

遺伝子レベルから
ウイルスの検出を行い、
診断する方法です。

しかし、

これはお近くの病院とか
家の近くのクリニックとかでは
出来ない方法で、

特別な行政機関や医療機関でしか
扱っていないのだとか

そして

これらの検査費用は
「1~3万円」とわりと高額で、

結果が出るのも
おおよそ1週間ぐらいは
かかるようです。

ちなみに、

これだけの費用ですが、
会社が負担してくれるかどうかは
会社によってまちまち。

なのでまずは

規則として検査を受ける必要が
あるかどうかを調べてみて、
負担してくれるかどうかは
会社との交渉次第になると思います。

最後に

単なる胃腸風邪なのか
ノロなのかを
ハッキリ知りたいって人は
おられると思いますが

誰もが誰も

わざわざ検査を受ける必要は
無いって事ですよね。

そしてまた、

下痢や嘔吐が見られ
恐らく自分でノロウイルスに
かかっていると判断出来た場合。

そうだからといって、

焦って病院や診療所へ
行く必要も無いみたいです。

診察してもらった所で
ノロには特効薬もないので、
整腸剤が処方される程度。

医者側としても

「水分補給をして
(脱水症状に気を付けて)
安静にして下さい。」

としか言えないみたいです。

「ノロかどうかを
ハッキリと知りたい」
という気持ちは分りますし

はっきり分らないと
家庭内で二次感染への
対策が出来ないという人も
いるとは思います。

しかし

素人の判断で
時期的な事を鑑みても
ノロだと決めてかかって
対策する事をおすすめします。

ノロであってもなくても

何はともあれ、
用心するに越した事は無いと
僕は思いますので。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。