感染性胃腸炎「ノロウイルス」

インフルエンザと共に
冬を代表するような
気を付けるべき感染症なので

その対策として

持っておいた方が良い
グッズなどを
まとめています。

スポンサードリンク

ノロウイルスは
非常に変異しやすい
構造をしている為、

数年に一度は新型が現れ、
その都度大流行してしまいます。

一度かかった事がある人は

その次の年からは
用心すると思いますが、

まだ感染した事が無いって人も
もちろん毎年気を付けるに
越した事はありません。

対策

まず何よりも
感染しない事が大事です。

その為にも、
いくつかのポイントを
取り上げています、

手洗い

インフルエンザなど
そういったウイルス、菌系の
全ての予防対策に繋がる
「手洗い」はかなり大事です。

帰宅後、トイレの後
調理する前と調理した後
食事する前などなど、

石鹸を使って
しっかりと洗います。

もし家庭内に
感染者がいる場合は

手洗い後のタオルは共有せずに、
ペーパータオルにするか、
個人個人でタオルを
使うようにして下さい。

食品の加熱

感染源として
有名な食品はカキですが、
二枚貝類と言われる
ホタテやアサリやシジミなど、

これらの内臓部分を
生で食べたり

調理の際の加熱が
不十分だった場合には
感染源に成り得ます。

そしてノロは
非常に熱に弱いので

対策としては
「調理の際には食品の中心部まで
しっかりと火を通す」
という事が重要になってきます。

さっと湯通しする程度では
中まで火が入ら無いので
3分以上は茹でる、
お鍋なら炊くようにします。

カキフライなら4分以上は揚げる。

しかしこれらは
あくまで目安ですので、
牡蠣の大きさなどを考慮して
加熱時間を調整して下さい。

そして、

アサリの酒蒸しや
シジミの味噌汁を調理する際も
特に加熱を意識して
調理するようにすれば大丈夫です。

また、

使ったまな板や包丁なども
使用後に熱湯消毒か
塩素系漂白剤で消毒すると
より安心です。

身体を健康に保つ

ウイルスが体内に
入ってきたとしても
「必ず発症する」
という訳ではありません。

なので
「普段から身体の健康を保つ事」も
対策として有効です。

身体の抵抗力があれば
発症しないというパターンも
十分あり得ますので
健康的に生活して下さいね。

対策グッズ

まずは消毒系。

ノロウイルスの
対策グッズとして評判なのが
こちらの「ノロキラーS」

↓(楽天市場へ飛びます)

トイレから
家具から調理器具まで
これ1本で
掃除すれば安心という
優れものです。

もし口に入っても
大丈夫だそうなので

赤ちゃんのおもちゃや
ぬいぐるみなどにも
使えるようです。

お次は

家で感染者が出た場合に
揃えておいた方が良い
対策グッズとして

嘔吐物などに
直接かけて消毒する

  • キッチンハイターなど
    次亜塩素系の漂白剤
  • そして、処理の際に使用する
    100均でも揃えられる

    • 使い捨てマスク
    • 使い捨てエプロン
    • 使い捨て手袋
    • ペーパータオル

    これらは最低限
    持っていた方が安心です。

    そしてまた、

    嘔吐物を処理する際には
    二次感染を防ぐ為にも
    乾燥させない事が重要です。

    なので

    処理する為の全てが
    一度に揃っているような
    こういったグッズを揃えていれば
    素早く処理を開始出来ます。

    お勧めの処理キット↓
    (楽天へ飛びます)

    使い捨て手袋やエプロンなど
    最低限必要な道具はもちろん

    消毒・除菌剤や
    嘔吐物を固める液まで
    このセット一つで
    迅速にかつ安全に対応出来ます。

    最後に

    という事で
    ノロウイルスの対策と

    揃えておいた方が良い
    グッズについて、
    いろいろまとめて来ました。

    食品からの感染よりも

    感染者からもらってしまう
    いわゆる二次感染の方が
    割合としては高いので

    嘔吐物や便の処理は
    かなり慎重に行って下さいね。

    では

    最後までご覧いただき、
    ありがとうございました。