花粉症による
アレルギー症状として
頭痛や微熱と共に

吐き気という症状が
みられる原因だったり、

その際に良い薬などは
あるのかどうかについて、
いろいろ見て行きます。

スポンサードリンク

頭痛や微熱と聞けば
まだ花粉症の症状としても
ありそうな感じですが、

そこに吐き気も加わってくると
とてもやっかいですよね。

花粉症で頭痛や微熱と吐き気

さてさて、
そもそもなぜ花粉症なのに
「頭痛」や「微熱」
そして「吐き気」など

風邪のような症状が
でてきてしまうのか?
といった所から

始めて行こうと思いますが、

花粉症による
頭痛や微熱の場合は、

鼻づまりによって
脳へ酸素が行き難くなって
それによって引き起こる事や

風邪を引いた時における
「菌」のように

体内にいる花粉を排出しようと
身体が熱を上げて
花粉をやっつけようとした場合に

頭痛や微熱が起きます。

そして、吐き気の原因は
原因は他ならぬ「花粉」で

花粉が胃に入った時の、
アレルギー反応としてや、
胃にある花粉を
吐いて追い出そうとしてるので、

吐き気があるという感じです。

これらのような原因が
様々に組み合わさり、

花粉症の症状として
頭痛や微熱と吐き気などが
全て伴って現れる事もあります。

いずれにしても

とどのつまり原因は花粉なので
いかに花粉を吸いこまないように
対策していくか?

という所に帰結します。

スポンサードリンク

良い薬はある?

上記のような症状は
風邪の症状とも似ているので、

まずは風邪なのか
花粉症なのかを見極めてから
薬などで対処していきます。

まず、花粉症によって
頭痛や微熱、
そして発熱がある場合は、

何よりもアレルギー症状自体を
抑える事が先決なので

薬はアレグラなどの
いわゆる「抗ヒスタミン薬」で
抑えていくしか無いです。

後はもう基本ですが、

マスクをして
花粉を吸いこまないように
やっていく感じです。

特に吐き気がある時には、

唾液などと一緒に
花粉が胃に到達する前に
対策しなければなりませんので、

マスクはもう必需品です。

そして
頭痛や微熱に関しても
花粉を吸いこまないのが
やはり一番ですが、

鼻づまりが原因となる
頭痛や微熱、
また、吐き気がある場合には

鼻の通りを良くする事で
症状が改善する事もあります。

鼻づまりを解消する方法は
こちらの記事を
参考にしてみて下さい↓


そして、
風邪による場合には
風邪を治す事で
症状は改善されますが、

その際、

花粉症の薬を
普段から飲んでいる人は
風邪薬との併用は
危険な場合があるので、

こちらの記事を参考に、

組み合わせにはくれぐれも
お気を付け下さい。

最後に

今まで花粉症じゃなかった人で

こういった症状が出て、
それを風邪だと思い
風邪薬を飲んだけど治らない。

なので病院へ行ってみたら

風邪が原因ではなく
花粉が原因と判明して、

つまり花粉症だと
そこで初めて気付いた
みたいな人もいるようです。

サラサラで無色透明の鼻水や
目のかゆみなど

花粉症の場合に特に現れる
代表的な症状があれば
まだ検討がつくと思いますが

そういった事が無く

頭痛や微熱、
あるいは吐き気だけの場合は
一度診てもらった方が

原因は確実に判ると思います。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。