花粉症による咳には
いろいろ原因がありますが、

止めたい時には
吸入薬だったりなどで
どうすればいいのか?

といった事から、

あまりにも酷い時に
病院は何科へ行けばいいのか?

と言った事について
いろいろと書いて行こうと
思っております。

スポンサードリンク

さてさて、
花粉症は喉にも
炎症を起こす事もあり、

風邪じゃなくても、

花粉による症状として
「咳」という症状が
出てきますが、

長引いている場合には

咳喘息だったり
気管支炎になっている事も
可能性としてはあるので

たかが咳だとあなどらないように
気を付けて欲しいと思います。

花粉症の咳を止めたい時は吸入薬?

花粉という異物を
外へ追い出そうとする際には
くしゃみが浮かびますが、

喉に入った時には、

咳という手段を使って
花粉を外へと追いやろうと
身体が反応します。

そんなこんなで

花粉症の咳を止めたい時に
出来る事としては、

「喉へ入る花粉を防ぐ」事が
最も大切なポイントであり
対処法だと言えます。

直接吸い込む事を防ぐには

マスクが最も有効であり
簡単に出来る事ですが、

鼻水が花粉と一緒に喉の方へと
流れているのが原因で
咳が出る場合もあります。
(痰が絡んだ咳など)

なので

咳を止めたい時には
花粉から喉を守る事が
重要になって来ます。

ちなみに、

詳しい咳の原因や対策法は
こちらの記事でも書いてますので
参考にしてみて下さい。


しかしながら、

花粉症による咳が悪化し
咳喘息や気管支炎に
なってしまった時などは

「吸入ステロイド薬」で
治療していく事になる場合もあります。

花粉が喉の奥(気道)や
肺に入った場合などに
そこで炎症が起きたりする事で

咳が酷くなります。

スポンサードリンク

酷い時に病院は何科?

咳がまだ大丈夫な場合で、
マスクなどで症状が軽くなるなら
まだ病院へ行くレベルでは

無いのかもしれませんが、

あまりにも酷い場合だとか、
咳の期間が長く続く場合には
やはりお医者さんに
診てもらった方が良いです。

そして、

咳が酷い場合に病院は
何科へ行けばいいのか?

という事ですが、

「耳鼻科」か
「内科(呼吸器科)」で
間違いないです。

しかし、

どちらに行くかには
状況によります。

咳が酷いのが
「花粉症」によるものだと
判っている時は
「耳鼻科」へ行くと良いです。

咳は喉の症状と言えるので、

まずは耳鼻科で喉を詳しく
見てもらうのが賢明です。

しかし、

花粉の飛散ピークが過ぎた後や
鼻水や目のかゆみといった
花粉症の代表的な症状は
特にでなくなったのに

”咳だけ”が酷い場合には
「内科」へ行った方が良いです。

花粉が原因な場合もありますが、

花粉症の影響で「肺」が
悪化している可能性があります。

肺の病気になってしまうと

耳鼻科ではなくて
「呼吸器」が専門になってくるので

聴診器やレントゲンで
「肺」を見てもらうのが
賢明だと言えます。

最後に

花粉症でさえ、
これだけの病気を引き起こす
原因になりうるので、

どんな病気もそうですが、

悪化してしまう前に
そしてまた、
症状が酷くならないように

早めに対処していく事が
重要だと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。