花粉症とは
アレルギー反応であるものの

頭痛や倦怠感も起こり

また肩こりですら、
引き起こしてしまいます。

そんな時の対処法や
有効な薬はあるのかなどについて
いろいろ書いて行きます。

スポンサードリンク

それにしても

花粉症の代表的な症状だけでも
非常に辛い事ではありますが、

それらの症状が
二次的な症状を引き起こす
原因にもなって来るので

花粉症はとても大変。

花粉症の症状で肩こりや頭痛

さてさて、
花粉が原因となっている頭痛、
あるいは倦怠感には

いろいろなパターンが
考えられますが

花粉症と頭痛に関しては
こちらの記事でまとめていますので
対策方法も含め、

参考にしてみて下さい。


さてさて、

アレルギー反応と
「肩こり」というのは
一見すると関係なさそうですが、

花粉症によって頭痛や肩こりが
起こる事もあります。

これは主に2次的な症状で

アレルギー反応の炎症で
常に身体が緊張しているような
そんな状態が続くので、

筋肉が固まってしまい、
血の巡りが悪くなってしまい

肩が凝ってしまいます。

またあるいは、

肩こりが頭痛から
来ている事もあるようです。

いずれにしても

花粉がすべての原因に
なっていはいるので

花粉そのものの
体内への侵入を防ぐ事は
大前提なのですが、

日々のアレルギー反応により
常に花粉と戦っているので

身体が知らず知らずの内に
疲れが溜まっている事も
免疫力を下げる原因となり

それが症状を悪化させ

2次的な症状を引き起こす
可能性を高めてしまっています。

なので、
花粉から身を守りつつも

リラックスする時間を作り
日々の疲労回復をするだけでも
症状が緩和する事があります。

スポンサードリンク

有効な薬はある?

症状が辛い場合には
やはり薬の力で
とりあえず症状を抑えて
対処したい人もいると思います。

とはいっても

花粉症からくる肩こりに
効く薬は無いようです。

湿布も不発に終わります。

(頭痛に効く薬は
先ほど紹介した別記事を
参考にして下さいね)

でもでも、

肩こりの原因を引き起こしてる
「血流の悪さを改善する」
という意味では

漢方の「葛根湯」が良いとは
言われています。

しかし、

症状が劇的に改善するとまでの
効果は期待できませんし、
そもそも根本治療とまでは
やはり行きません。

花粉で辛いとは思いますが

地道に身体のケアをして
免疫力を高めて行く方法でしか
緩和されていきません。

なので先ほども言いましたが、

リラックスする時間を作り
日々の疲労回復をするだけでも
症状が緩和していくと思いますので

ゆっくりお風呂に使ったり、

適度に運動をして
ストレスをためないように
発散していくと良いです。

最後に

もろもろの原因を引き起こす
花粉そのものを
避けていく事がやはり大事で、

それが最も有効ですが、

花粉を防ぐ事ばかりに
意識を取られてしまうと

知らず知らず身体に
疲労が蓄積されてしまうのも
悪化の原因になります。

とにもかくにも

身体をいたわり、
リラックスを心掛けて、
精神的なストレスをなくし

免疫を上げていく事も
非常に大事だと思います。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。