花粉症によって
「顔かゆい」
ってなる事があります。

そんな時に効く市販薬や

顔かゆい対策としては
どういった事が出来るのか?

みたいな話題について

今回はいろいろと
やらさせてもらいたいと
思っております。

スポンサードリンク

一般的な花粉症のイメージとして
吸い込んだ花粉が原因で
身体の中から作用して
様々症状が現れてくる的な

想像をしてしましますが、

花粉が肌の表面に、
つまり皮膚に付いただけでも
その部分がアレルギー反応を起こし
痒くなってしまう事もあります。

いわば外からの攻撃です。

花粉症で顔かゆい。有効な市販薬は?

そんなこんなで、
花粉が顔につくだけで
かゆい場合には

「花粉皮膚炎」に
なっている事があります。

なので

かゆい部分、
つまり皮膚が炎症を起こしている
その部分の炎症を抑える事が
ポイントとなっています。

そして、

顔などがかゆいのを抑える為には
塗り薬が有効です。

なので、

どういった塗り薬であれば
痒み症状を緩和してくれるのかと
いう事なのですが、

市販でも処方でも、
即効性や効き目が抜群なのは
「ステロイド」が含まれている
塗り薬が最も有効です。

売られている商品としては
「フルコートf 軟膏」
「オイラックス」

これらが人気なようです。

しかしながら
「ステロイド」と聞くと
なんだか体に悪く、
怖いイメージがありますよね。

そんなイメージも
あながち間違ってはおらず

ステロイドは
「長期間使用した場合」に

大変な事態を招いてしまう事が
あるようです。

一般的には
2週間以上続けて使用する事は
避けた方が良い

とされているようです。

なので、

どうしてもかゆい時だけに塗る
的な使い方が安全だと思われます。

ステロイドが怖い方は

非ステロイドである
「ワセリン」を使って、
症状を緩和させる方法も
あるようですので、

顔のかゆみもとい、
皮膚炎がまだそこまで
酷い状態でなければ

非ステロイドの
「ワセリン」を塗るとか

そしてまた、
アレグラやアレジオンなど
「抗ヒスタミン剤」

つまり内服薬を飲んで

アレルギー反応そのものを
抑えていくと良いと思います。

スポンサードリンク

「顔かゆい」に対策方法はある

とはいっても
薬に頼らない方法で
抑えていく方がやはり
良い気がしますよね。

なので、

薬に頼らない対策方法を
見ていこうかと思いますが、

とにもかくにも
「できるだけ花粉が
付かないようにする事」
これが最も重要な対策法です。

なので外出の際には

花粉症用のメガネ、マスクをして
肌の露出部分を減らし、
そもそも花粉をブロックする事。

またあるいは、

ベビーパウダーを使って
肌の表面をサラサラ状態にする事で

花粉が付きにくくなります。

肌の油分はどうしても
花粉をキャッチしやすいので
その要因を出来るだけ
無くしましょう的な感じです。

特に女性の場合は
メイクが花粉をキャッチする
要因になってしまうので

できるだけメイクは薄くするか
あるいはもうしない方が良いです。

そして、
外から帰った時には、
すぐに洗顔をして

顔に着いた花粉を洗い流し、
肌についた花粉を
迅速に落としていく事で

かゆみの原因である花粉を
排除していきます。

ただし石鹸などを使って
ゴリゴリにやってしまうと
肌へ刺激を与えるので

ぬるま湯ぐらいの水で
優しく洗うようにするとか
あるいは
濡らしたタオルでそっとぬぐう

といった程度にして下さいませ。

最後に

顔がかゆい状態の時は
つまるところは、
お肌がダメージを受けている
状態といえます。

なので

いつも使っている
洗顔フォームなどでも
ピリピリする場合があり、

特に女性の方では、

化粧品やスキンケア用品が
痛く感じる事があります。

顔かゆい状態な時には、

赤ちゃんでも使えるぐらいの
低刺激な物だったり、
オーガニック的な
無添加のモノを使って

出来るだけ肌へのダメージを
抑えていく事も
症状を悪化させない為には
大切なポイントとなっています。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。