花粉症の症状は
実に多岐にわたっていますが、

その中でも
「蕁麻疹」という症状が
表れてくる事もあります。

そんな時には
何科へ行けばいいのかとか、
じんましんに効く市販薬には
どういったモノがあるのか

などなどについて
やらさせてもらいます。

スポンサードリンク

じんましんは
湿疹のような感じの
ブツブツが点々と出来るというかは、

膨れ上がった部分が広がって行く
という感じで、

蚊に刺された時のような
膨れ方をイメージして頂くと
分りやすいかと思います。

そして蕁麻疹には
「アレルギー性じんましん」

というモノがあり、

その原因となるアレルギーには
ダニやほこりもありますが、

ズバリ「花粉」もあります。

花粉症で蕁麻疹なら何科?

蕁麻疹と聞くと
皮膚の症状って事もあって
皮膚科へ行くイメージですが、

「花粉」が原因だけに、
内側からの治療が必要かなという
疑問も持ってしまいますよね。

まあそんなこんなで、

花粉症で蕁麻疹の場合は
何科へ行くかと言うと、
「皮膚科」か「内科」で、

基本的には「内科」です。

蕁麻疹の原因が
花粉によるアレルギー反応
というのが判っていれば

アレグラなどの、

いわゆる
「抗ヒスタミン剤」を服用し、
アレルギー反応そのものを
抑えていく治療法が取られます。

しかしながら、

蕁麻疹以外にも
肌が荒れているなどの
皮膚症状がみられる時は、

「花粉皮膚炎」に
なっている可能性があるので
「皮膚科」へいった方が
良い場合もあります。

なので、

どちらに行くべきかは、
「蕁麻疹以外の症状」を見て
判断する感じです。

しかしながら

花粉による蕁麻疹であれば
塗り薬を使うよりも、

内服薬を用いて
身体の内側から治療する事が
ほとんどのようですので、

迷った場合は
内科へいくと間違いないです。

スポンサードリンク

じんましんに効く市販薬は?

さてさて、

花粉症による蕁麻疹の場合には
内科へ行くのが間違いない感じで、

他にも肌に症状がある場合には
皮膚科へ行った方が
良い場合もあるという事でした。

しかしながら、

蕁麻疹の原因が
花粉症だと判っているなら
市販薬でも抑えられる事もあります。

先ほどもちらっと言いましたが、

花粉症による蕁麻疹の場合、
膨れている部分に薬を塗って
症状を抑えるのではなく

内服薬を飲み、
アレルギー反応を抑えて
症状を改善していくという
内側アプローチの治療法なので、

飲み薬(内服薬)の
「抗ヒスタミン剤」が
じんましんに有効な市販薬となります。

ただし、

単に抗ヒスタミン剤といっても
様々な種類がありますので、
一概にどの薬が効くという事は
個人によって違ってきます。

有名であり人気な薬としては

「アレグラEX」や
「アレジオン20」です。

これらは「第二世代」と
いわれる抗ヒスタミン剤で
眠気などの副作用が
起こりにくいとされています。

でもでも、

副作用が起きない分、
効果も少ないといった人も
おられるようなので、

こればかりは個人差だと思って、

自分にあった薬を
見つけていくしかない感じです。

そしてまた、
蕁麻疹に市販薬を使う事も
もちろん有効ではありますが、

マスクやメガネといった
基本的な花粉症対策はもちろん

食生活や生活習慣も見直して、

普段から体調を整えて
免疫力を高めていく事で
ある程度なら症状も
緩和されていくと思いますので

そういった部分も
おろそかにしないように
気を付けて下さいね。

最後に

花粉症の時には
「蕁麻疹」が出る事もあれば
「湿疹」がおこる事もあります。

症状としては

どちらも痒みなどがあり
ややこしいですよね。

ブツブツが赤く、
点々としている場合は
「湿疹」だと思われるので

こういった症状の時には
花粉皮膚炎が疑われるので
皮膚科へいった方が
良いと思われます。

そして、

蕁麻疹のように
膨れ上がった部分が
広がっているような感じなら
内科へ行くのが賢明です。

このように、

皮膚一つとっても
様々症状を引き起こす花粉症。

非常にやっかいですが、

そもそもの原因である
「花粉」を排除する事が
何よりも大事なので

薬に頼る事も有効ですが、

体質改善などによる
根本治療も視野に入れてみては
いかがでしょうか。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。