花粉症の症状が、
夜の方がひどいという人は
わりと多いのだとか。

そしてまた。

起床時にも悪化する
「モーニングアタック」
っという事も起こります。

そんな夜と朝の対策を
見て行こうと思っています。

スポンサードリンク

花粉症の症状には
実に様々なモノがありますが、

多くの場合は
鼻水やくしゃみです。
そして目のかゆみなど。

そしてこういった症状が

花粉を吸いこんでそうな
日中ではなくて
朝とか夜に悪化するみたいな
そんな人も多いそうです。

今回はその原因とか
対策についていろいろと
やらさせてもらいたいと思います。

花粉症が夜ひどい理由は?

さてさて、
まずは夜関係の話題から
いきたと思いますが

花粉症が夜にひどいのは
「副交感神経が活発になるから」
っというのが
ほとんどの場合の理由です。

花粉症のみならず、

そういったアレルギー症状は
リラックスしている時に活発になる
副交感神経が優位の時に
出やすいと言われています。

なので

寝る前とかお風呂に入った時など
リラックスしている時など

交感神経が活発になっていた状態から
副交感神経が優位になる事で
一時的な自律神経の乱れによって

症状が悪化してしまいます。

そして他にも、花粉症の症状が
夜の方がひどい理由には

布団の方は特に
「床にあった花粉を吸い込んでいる」
といった理由もあります。

部屋に入っていた花粉が
床に溜まっていて

寝る時は床に近い部分に
顔があるため、

寝返りなどの時に花粉が舞い

その舞った花粉を吸いこんでしまい、
症状が出てくるという感じです。

布団を外に干している人は
そもそも布団に花粉が付いている事も
十分に考えられます。

そしてまた他にも

「アレルギー反応が時間差で
起こっている場合」も

夜に悪化する可能性としては
否定できない感じです。

アレルギー反応には
「即応型」と「遅延型」があり

花粉症は多くの場合

花粉を吸いこんだ瞬間に
くしゃみなどが出る
「即時反応」なのですが、

日中に吸い込んだ花粉が

時間差で反応を起こし
夜になってから
症状が出てきている

という場合も
十分に考えられます。

スポンサードリンク

モーニングアタックにも対策を!

さてさて、
夜にひどくなる原因について
いろいろ見てきましたが、

花粉症のモーニングアタックも
夜に悪化する理由と同じ事がいえます。

寝ている時には
副交感神経が優位なので

目覚めた時に
交感神経優位に切り替わるので
その時に症状が酷くなります。

なので、

それらの原因を踏まえた上で
対策方法を見ていきます。

<朝のモーニングアタック、夜ひどい対策>

「持続性のある薬を
寝る前に飲む」

ずっと緊張しているような
交感神経優位だと

そもそも寝られないので
副交感神経優位にならないと
休む事が出来ません。

なので

少なくとも寝て起きるまで
効果が持続するような
薬を使う事で、

夜ぐっすり朝すっきり
という状態を目指します。

「空気清浄機や加湿機を使う」

そもそも
花粉を吸い込んでいる事が
アレルギー症状の原因なので、

寝ている部屋だけでも

空気清浄機を使って
花粉を無くしてしまう事や

加湿機を使って
花粉を舞いにくくして、
なおかつ鼻や喉の粘膜を
潤わせて強化する

っという方法も
有効な対策になり得ます。

枕元に小さな加湿器を置いて
寝るだけでも
効果があった人がいるようなので

わりと効果がアリです。

「マスクをして寝る」

オーソドックスですが、

マスクで花粉をブロックする事と
加湿機のように
喉や鼻の潤いを保つ効果も
期待できるので

最も基本的な対策といっても
過言ではありません。

最後に

という事で
花粉症の朝と夜事情について
いろいろ書いてきました。

遅延型のアレルギー反応が
出てしまっている場合は

いかに活動している日中に
花粉を吸いこまないかが
重要な事になってきますので

普段から花粉症対策は
ちゃんとしておいて下さいませ。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。