花粉症によって
便秘になってしまう原因には、

薬の副作用的な事が
関係していると
言われている事などや、

改善には漢方が良いとか、

もろもろの事について
書いて行こうと思います。

スポンサードリンク

花粉症のみならず、
日頃から便秘で悩む方も
おられると思いますが、

今回は時期的な
それも使用する薬が原因的な

そういう感じです。

便秘の原因は薬の副作用?

さてさて、
まずは根本的な部分を
探って行こうという感じですが、

花粉症の薬の副作用が原因で
便秘になる事はあります。

副作用として
腸の動きを悪くしてしまう
作用があったりモノや

「抗コリン作用」という
唾液や汗などの
分泌を抑える成分がある薬は
口の渇きや便秘などを
引き起こす場合があります。

こういった症状は特に

普段から便秘気味
という人ほど、
なりやすいそうです。

そして、

こういった状態になってしまうと
水をガンガン飲んでも
あまり出ない人もおられるので

副作用によるものであれば
薬を飲む事を控えたり、

副作用の出にくい
(自分に合った)花粉症薬に
変えてみるとともに、

普段から便秘を解消する為に
いろいろやる必要が
あるかと思います。

そして副作用が原因で
便秘になる事もそうですが、

腸には免疫細胞の多くが
存在している事もあり

腸を改善すると
便秘の解消はもちろん
花粉症が改善する人もいるので、

腸内環境を整える事は

花粉症においても
非常に重要だと言えます。


花粉症と腸は
わりと密接に関係している
とも言えるので、

上記の記事も
参考にしていただき、
腸内環境の改善に
役立ててみて下さい。

スポンサードリンク

花粉症には漢方が良い?

花粉症薬が原因で
便秘になる事があるとはいえ

薬を飲んで症状を抑えないと
やっていけない人も
もちろんおられると思います。

そんな中で

副作用が少なく、
そしてまた効果が期待できる
薬といえばやはり
「漢方」が浮かびますよね。

まず花粉症に良い
漢方としては

  • 小青竜湯
    (しょうせいりゅうとう)
  • 苓甘姜味辛夏仁湯
    (りょうかんきょうみ
    しんげにんとう)
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
    (とうきしぎゃくかご
    しゅゆしょうきょうとう)

などなどがあり、

そしてまた、
便秘に効く漢方では

  • 当帰芍薬散
    (とうきしゃくやくさん)
  • 大黄甘草湯
    (だいおうかんぞうとう)

などがあります。

しかし漢方も
個人の体質によって
効く効かないがあるので

一概に

抗ヒスタミン剤よりも
漢方の方が良いとも
言い切れないのは確かです。

なので、

漢方での改善を
試みようと思うなら、
まずは詳しい人の
アドバイスを受けながら、
使用して行く事をおすすめします。

最後に

便秘の人は

花粉症のみならず、
様々な病気になりやすい
とも言われています。

そして便秘解消といえば
ヨーグルトが浮かびますが、
ヨーグルトは花粉症にも
良いと聞きますよね。

まあそんなこんなで


こういった記事も
合わせて読んで頂ければ

より腸内の重要性といいますか、

そういった事と
花粉症などの関係が分り、

プラシーボ効果よろしく
より効き目が高くなる
かもしれません。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。