風邪なのか花粉症なのか

寒気や発熱、
咳といった症状出た時の
判断ポイントなどについて

いろいろやって行きたいと
思っております。

スポンサードリンク

非常にややこしい事この上ない。

とはいっても

そのややこしい状況を
招いてしまう場合があるのも
事実なのです。

現実の残酷さにも
勝っていかなければ
ならないのです。

花粉症で寒気・発熱・咳

さてさてまずは
単なる花粉が原因なのに
こういう感じの症状は
ありえるのかどうかですが、

風邪ではなく、
単なる花粉症だけでも寒気や発熱
咳が出る事はありえます。

鼻水やくしゃみ、
目のかゆみというのが

代表的な症状で、

花粉症は「花粉」という
アレルギー症状を
引き起こす原因物質を
異物とみなす事で

こういった対処をして
追い出しています。

しかしながら、

「花粉」という異物を
菌やウイルスみたいな感じに
認識してしまった時には

風邪などのように

熱を出してやつけようするので
その際に発熱する事や、
寒気を伴う事があります。

そして喉に花粉があれば
咳で追い出そうともします。

こういった感じで、

花粉をやつけようとして
闘いを挑み始めると
寒気や発熱が出る事があります。

スポンサードリンク

風邪か花粉症か

花粉が原因の
風邪のような症状なので
判断するのが非常に
難しいとは思いますが、

風邪みたいな
寒気などに加えて

鼻水や目のかゆみなど
花粉症の代表的な症状が
出ているかどうかが
ポイントになってきます。

しかしながら、

花粉症だと思っていて
普通に過ごしていたけれど
だんだんとしんどい感じになる
みたいな事もあり、

風邪と花粉症を
同時に発症している場合も
もちろんあります。

このような状態では

もうどうしもようもなく
感じてしまいますが、

鼻水がポイントで

無色透明でサラサラの
鼻水なのであれば
花粉症である可能性が高く

黄色いとか
粘り気がある場合には
風邪を引いている可能性が
高くなります。

またあるいは、

風邪薬か花粉症薬を飲んでみて、

風邪薬を飲んで、
症状が治まるのであれば
それは風邪ですし、

花粉症の薬を飲んで
症状が改善される場合には
それは花粉症です。

その薬の効果で
判断するというのも一手です。

しかし注意ですが、

花粉症と風邪の薬を
同時に使用するのは危ないので、

こちらも合わせて
読んでみて下さいませ。

最後に

単なる風邪なのであれば、
寝たら治りますが、

花粉症だと寝てても治らずに、

そもそもの原因である花粉を
出来るだけ排除していく事でしか
症状が改善されませんから、

やるせない感じになります。

なのでまあ普段から
しっかりと対策して行く事が
やはり大切だと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。