花粉症の症状で
「吐き気」がおこる場合も
あるのだとか。

そんな時の原因と対処法や

やはり病院へいって
治療した方がいいのか
といった事などについて、

書いて行こうと思います。

スポンサードリンク

花粉といえど
その症状は多岐にわたり
個人差もありますから、

実に様々な症状が出ます。

そんな中で今回は
一見すると関係なさそうな
吐き気について
いろいろ書いていきます。

花粉症で吐き気がする原因

鼻水や目のかゆみが代表的で
その症状を訴える人が
非常に多いですが、

単なる花粉症でも
吐き気はおこりえます。

なので稀とはいえ

花粉が元となって
ありえる事を
まずは頭に入れて頂き、

そして、

花粉症でも吐き気のある原因は
主に2つある感じで

  1. 胃に花粉が到達したパターン

  2. 口や鼻から入った花粉が
    胃に行く事で吐き気や胃痛の
    症状が出る場合です。

    いわば胃においての
    アレルギー反応が
    吐き気となって
    表れている感じです。

  3. 二次的なパターン
  4. 花粉症からくる頭痛や
    毎日続く症状によるストレスから
    自律神経が乱れ、

    胃などの器官に影響し、
    吐き気をもよおす事があります。

という感じで

直接的に花粉が胃に入って
症状を引き起こしている場合と
花粉症の間接的な二次症状として
吐き気が起こっている場合の

2パターンが主に挙げられます。

スポンサードリンク

対処法は?

直接的なのか
間接的なのかによって
対処も変わって来ますが、

直接的な場合で
今現在吐き気がある場合は
対処法として出来る事もなく

辛いとは思いますが、

花粉が胃を過ぎるまで
我慢するしか無いと言えます。
(花粉が腸に行くと
下痢を起こす人もいるようです)

とはいっても

つまるところは胃で起こっている
花粉のアレルギー反応なので

抗ヒスタミン剤で
反応そのものを抑えれば
症状が緩和される事もあります。

そして大事なのは、

これ以上の花粉を
吸い込まないように
対策していく必要があります。

多くの場合は

鼻づまりによって口呼吸になり、
花粉を口から吸いこみ、
そして唾液によって胃へと
流れる場合が多いので、

鼻づまりの解消が
良い対策だと思われます。


上記の記事を参考に
やってみて下さいませ。

もちろんながら

マスクを着用したり、
うがいする事もお忘れなく。

そして、

関節的な場合は
その間接的な症状を抑えれば
吐き気も無くなると思われます。

とはいっても

何が吐き気を
引き起こしているのかが
分りにくいのも事実。

可能性のある症状としては

「頭痛」が挙げられますが、
これまた頭痛にも原因があるので


こちらを参考に
対策してみて下さい。

頭痛などではなく、
ストレスによるモノであれば

今すぐの対処は難しいので、

日々の生活の中で
緩和していくしかないと
対策方法は無いと思われます。

スポンサードリンク

病院で治療すべき?

吐き気まで起こるのは
何かただならぬ感じなので

病院で治療すべきかどうかですが、

単なる花粉症による
吐き気の場合であれば

深刻な状態ではないので、

病院へ行っても
抗ヒスタミン剤などを
処方してもらうだけ

という事が多く、

そもそものレーザー治療など
根本的な方法をしない限り
出来る事はあまりない
と言える感じです。

しかし!

「突然の激しい頭痛の後に
吐き気がある」という場合や
「茶色い嘔吐物が出た場合」は
病院へ行った方が良いです。

こういった場合には、

単なる花粉症の吐き気ではなく
別の病気の可能性があります。

最後に

いずれにしても
原因は「花粉」なので

「いかに吸い込まないか」
全てはここに帰結する
といっても過言ではないです。

私的にはワセリンで
物理的にブロックする事も
おススメの対策法です↓


では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。