花粉症と風邪が
同時に発症している場合、

薬はどっちを優先すべきか、

あるいはまた、
風邪薬での代用だったり、
飲み合わせなど、

薬関係の話題を
いろいろ書いて行きます。

スポンサードリンク

症状が似ているので、
花粉症なのか
風邪なのかで迷う事は
多々ありますが、

それが同時に発症していると
思われた時には、

どのように対処するのが
いいのかみたいな事が
今回の話題です。

花粉症と風邪が同時なら薬はどっち

さてさて、
稀にではありますが、

風邪じゃなく
花粉症単体の症状として
微熱が出たり、寒気がするなど

まさに風邪のそれと
何ら変わりない事が起こる場合も

あるにはありますが、

花粉症と風邪が同時なら
薬はどっちかというと、
「風邪薬」を優先した方が良いです。

花粉症は風邪のような
一時的な症状ではなくて、
花粉が飛んでいる
季節的な症状なので、

まずは風邪を優先して治し、

それから花粉症の薬で
症状を抑えていった方が
望ましい事と、

そしてまた、

花粉症の薬では、
風邪の症状を改善する事は
少し難しいですので、

どのみち風邪を治す方が
先決と言えます。

スポンサードリンク

薬の飲み合わせや代用について

花粉症の症状を抑えつつ、
風邪も治そうみたいな

効率的な事を考えた場合

抗ヒスタミン剤などの
花粉症の薬と
風邪薬を同時に飲もうと

思った人もいると思いますが、

風邪薬であっても
多少は抗ヒスタミン剤と
同じ効果があるので
花粉症薬の代用になり得ます。

風邪薬にも
鼻水などを抑える成分は
配合されています。

しかしながら、

花粉症と風邪薬の同時併用で
「効果が重なる飲み合わせ」は
効き過ぎるので危険です。

効き過ぎるので

一見すると効果が倍増って事で
じゃあ良いじゃんと
思った人もいるかと思いますが、

逆に副作用も出やすくなるので

飲み合わせうんぬん、
同時使用は避けた方が賢明です。

まあそういった所も含め、

薬の飲み合わせだったり
代用する為に
有効となる成分など

こちらの記事で
詳しく書いております↓


こちらも参考にしていただき、

くれぐれも飲み合わせには
お気を付け下さい。

最後に

風邪なのか花粉症なのか

よく言われている
見分けポイントとしては、

鼻水の色や粘度です。

そして、花粉症も稀に
寒気などの全身症状がありますが、

ほとんどの場合出ないので

寒気や微熱だったりなどの
鼻水以外での
全身症状で判断すると

精度も上がるかと思います。

そして風邪かなと思った場合には
まずは風邪薬のみを
使用した方が賢明ではあります。

とはいっても

花粉症薬も使いたい場合には
くれぐれも飲みわせには
気を付けて下さい。

まあでも逆に言えば、

風邪薬だけでも
良くならない場合は

花粉症単体の症状として
風邪っぽい感じになっている
とも言えますよね。

しかしいずれにしても

マスクやうがいなどの
基本的な対策をしていき、

そして睡眠をしっかりとるとか
バランスのよい食事など
健康的な生活を心掛けると

花粉症の症状も
少しは緩和されると思います。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。