今回の話題は、
花粉症の中でも特に
「ヒノキ」花粉について

その症状の特徴的な感じで

咳や喉の痛み、
肌荒れなどなど、

いろいろ書いています。

スポンサードリンク

花粉症患者は主に
「スギ花粉」と「ヒノキ花粉」が
非常に多い感じです。

今回はそんな2大巨頭の内、

ヒノキ関係の話題を
やらさせてもらいます。

ヒノキ花粉症は咳とのどの痛み?

スギ花粉から約1か月後に
飛散のピークを迎える
と言われているのが

他でもないヒノキ花粉。

大体3月ごろから、
5月ぐらいまでは飛んでいます。

さて、
花粉症には
「4大症状」というのがあり

それは「鼻づまり」「鼻水」
「目のかゆみ」「くしゃみ」です。

そしてヒノキでも
これらの症状が主です。

っと言いますのも、

ヒノキ花粉とスギ花粉は
花粉の構造がとても似ているので
同じような症状になります。

なので

特にヒノキだから
のどの痛みや咳が出る
という訳ではないのです。

しかしながら、

構造が似ているがゆえに、
スギもヒノキも
両方の花粉症になっている人も多く

長引く症状の中で

特に「鼻づまり」が
酷くなってきている人は、

喉の方へと鼻水とともに
花粉が流れてしまっていたり

口呼吸になって
口に花粉が直接入るとか
喉が乾燥して
炎症を起こしやすくなっている

という事が考えられるので、

ヒノキ花粉症の症状で
のどの痛みや咳を訴える人も
多くなっています。

スギで受けたダメージが

まだ回復しないまま
引き続いてヒノキによって
ダメージが深刻化してしまい、

鼻だけでなく
喉の方にまでアレルギー反応が
出る事が多くなっている
という事が言えます。

もちろんながら、

スギと構造が似ているとはいえ
同じではないので、

ヒノキの方が喉にくる
って人もいて、
そこら辺は個人差となります。

とにかくにも

口からでも鼻からでも
花粉が体内にはいったり、
喉に花粉が付くと

咳や喉の痛みが出るので

うがいやマスクなど
しっかりと対策して下さいませ。


またちなみに

鼻づまりが酷い場合は
こちらの記事も
参考にしてみて下さい↓


鼻づまりが酷くなると

「後鼻漏」や「副鼻腔炎」に
なってしまう事があります。



くれぐれも
お気を付け下さいませ。

スポンサードリンク

症状には肌荒れも?

さて、
スギ花粉ではそうでも無いのに

ヒノキになって来ると
肌が荒れてくるみたいな人も
やはりおられます。

こちらも先ほどのように

スギとヒノキを
併発しているような人は

スギから続くダメージの蓄積で
ヒノキでさらに
酷くなってくる事により

ヒノキ花粉症の症状で
肌荒れを起こす人もいるようです。

むしろヒノキの方が
肌が荒れやすいとさえ
言われてもいます。

花粉症で肌荒れを起こす人は

主にアトピーとか
元々皮膚が弱い人に多く、

そういった人は

体内に入った花粉が
肌の炎症となっている人も
もちろんいますが、

皮膚に花粉が付いた時ですら
炎症が起こる場合があり、

このように
肌に症状が表れる事を特に
「花粉皮膚炎」と言います。

皮膚にアレルギー症状が出る
というのも、結局は
個人差としか言えませんが、

特に皮膚が弱い人で、

スギ花粉ではどうもない人でも
ヒノキ花粉の時期には
気を付けた方がいいかもしれません。

皮膚関係の話題は
こちらの記事も
参考にしてみて下さい↓

また、

特に女性の場合には
使用している化粧品なども
気を付けて下さいませ。

最後に

結論としては

スギもヒノキも
出てくる花粉症の症状に
特に違いは無いと言えます。

しかしながら、

構造が似てるとはいえ
全く同じではありませんので

スギとヒノキでは
症状の表れ方に違いが出る事も
当然ありますから、

自分がそれぞれの花粉で
どんな症状が出やすいのか

こういった事を判断していくと、
特に対策すべき部分などが
解って来ると思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。