ノロウイルスのみならず
こういった関係の予防には
手洗いとうがいが基本であると
相場は決まっています。

そしてまた
二次感染が多いノロですが、

空気からの感染対策に
空気清浄器は有効なのかも
調べてみました。

スポンサードリンク

ウイルスの脅威。

そいつらを撃退するための
迎撃態勢を整えたり、

退治する方法としての
有効手段のお話しを
今回はまとめております。

手洗いとうがい

まず何よりも
インフルエンザなどにも
もちろん有効である

「手洗い」が
予防の基本です。

でもでも、

石鹸を使って手洗いしても
ノロウイルスは次亜塩素系でしか
不活性に出来ない(消毒できない)ので

実はウイルスを直接撃退している
って訳ではありません。

しかし

手のひらの表面にある
汚れを落とす事で
ウイルスを手から離れやすくする

という意味では
非常に有効な手段となり、

なので手洗いを繰り返す事で

ウイルスを洗い流している
という事になります。

その為の「衛生的手洗い」は
こちらの動画が参考になりますので
一度見てみてくださいね。

そして「うがい」なのですが、

ノロウイルスの為の対策
という意味合いの場合は
うがいをしても
あまり効果が無いそうです。

とはいっても

他のウイルスや菌の予防には
うがいが有効なので

外から帰ったら
手洗いとうがいをして
対策して損はありません。

ちなみに、

イソジンだったり、
ポピドンヨードといった

いわゆる「うがい液」は

こちらもノロの予防対策としては
あまり効果がないようです。

スポンサードリンク

空気清浄器と電解水

ノロさんがやっかいなのは
感染者の嘔吐物や
便が乾燥した場合に
空気中にウイルスが舞う事です。

なので、

ウイルスが含まれる液を
乾燥させてしまった場合には
空気でも感染します。

それによる二次感染を防ぐ為に

嘔吐物は素早く処理する事が
大前提となっています。

とはいっても、

どこぞから空気中を
浮遊してきたノロ野郎さんが
部屋に入って来ない
とも限りません。

そこで対策として浮かぶのが
プラズマクラスターなどの
空気清浄器ですよね。

という事で
有効な空気清浄器を

チェックしてみますと

ノロウイルスに効果がある
と発表している空気清浄器は

  • ダイキンの
    「ストリーマ放電技術」を
    搭載している機種
  • 三洋(サンヨー)の
    「ウイルスウォッシャー」
  • パナソニックの「ジアイーノ」

これらは効果があると
発表しています。

そして、

シャープの
「プラズマクラスター」や

パナソニックの「ナノイー」
これらについては
発表はありませんでしたが、

あまり効果が無いみたいです。

ちなみに、
効果のある空気清浄器は

装置内でノロ退治に有効な
「次亜塩素酸」(電解水)を
発生させて、
撃退する仕組みだそうです。

という事はつまり、
「電解水」も
ノロウイルスには効果があると

そういう事になりますよね。

しかし電解水といっても
「微酸性電解水」だとかの
酸性系しかダメなような感じで
アルカリの方の電解水では
効果がなさそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~
<追記>

ノロウイルスに効果があるのは、
「次亜塩素酸のみ」と
ご指摘を受けました。

ノロウイルスに対しては
電解水だと効果がありません。

間違った情報を提供してしまい、
申し訳ありません。

勘違いしないように
お気を付けください。
~~~~~~~~~~~~~~~

最後に

空気清浄器に関連して
ちなみにですが、

「クレベリン」という
置くだけで空気を消毒する
商品があります。

しかしこれは、効果を裏付ける
根拠が無いそうで、

理論としては
効果がありそうなのですが、
予防としてはあくまで
補助的な意味合いが強いのだとか。

つまり

クレベリンがあるから大丈夫
って訳では無いようです。

まあいろいろ書いてきて

最後にこういう事をいうのは
なんともあれですが、

ノロウイルスの感染経路として
一番多いのは
空気感染ではありません。

ウイルスが手に着いた状態で
食品を食べたりるすなど

直接体内に取り込んでしまう
「接触感染」が
最も多いとされています。

なので
直接撃退する訳では無いものの

手からウイルスを洗い流す
「手洗いが大切」と
そういう事になっています。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。