日本の花粉症といえば
「スギ」と「ヒノキ」が
浮かんできます。

今回はそれぞれの違いや
特徴について

いろいろまとめています。

スポンサードリンク

春の時期から
夏本番になるぐらいまで
この2大勢力が
はばをきかしています。

しかしながら

それぞれに特徴や
出てくる症状の違いはあるのか
といった内容が

今回の話題です。

花粉症のスギとヒノキの違い

一般的に
スギ花粉症の人は
ヒノキ花粉症にもなりやすい
っと言われています。

スギもヒノキも
同じ「ヒノキ科」だからです。

なので、

自分はヒノキ花粉だけっす
みたいな人は、
意外と少ないそうですよ。

飛散する時期

まずは花粉が飛散する時期の
違いを見て行きますが、

スギ花粉のピークは
「2月~4月」
ヒノキ花粉のピークは
「3月~5月」

っという違いあり、

スギの1ヶ月後に
ヒノキが飛び始める

というイメージです。

なので、
スギのピークが終わっても
引き続いてヒノキになる人は
少なくはありません。

また

杉は春がピークですが、
実はほぼ1年中
飛んでいるそうです。

しかし、

ヒノキはピークも含め
2~6月ぐらいまでの時期しか
飛んでないようで、

飛散する期間にも違いあります。

症状に違いは?

さてさて、
最も知りたい人が
多いであろう症状の特徴
もとい、違いですが、

ぶっちゃけ

スギでもヒノキでも
花粉症の症状に違いとか
特徴はありません。

いずれの花粉症にしても

花粉症の「4大症状」である

  • 鼻づまり
  • 鼻水
  • 目のかゆみ
  • くしゃみ

この中のどれかしらの症状が
表れてきます。

スギ花粉の方が
鼻水がひどいという事も
言われていますが、

基本的には変わりません。

しかしながら、
両方のアレルギーの人が多いので

その為、
スギとヒノキのダブルパンチで
症状がより酷くなっている
って人はいます。

鼻づまりが酷くなると

急性副鼻腔炎とか
慢性的な蓄膿症になったり
後鼻漏などという
病気にもなり得ます。



そしてまた

鼻や目だけでなく
喉が痛みや咳が出たり、
頭痛もあります。




またあるいは、

まぶたの腫れだったり
顔がかゆくなったり、
蕁麻疹が出る人もいます。



春から夏ぐらいまで
辛い期間が長く続きますが

くれぐれも花粉をブロックし
出来るだけ吸い込まないように
対策して下さいませ。

その他の特徴

スギ花粉よりも
ヒノキ花粉の方が
少しだけ大きいそうです。

ゆえに

ヒノキ花粉症の方が
目のかゆみとか
ゴロゴロ感があるとも
言われています。

とはいっても
「10㎛」ぐらいの違いなので
正直、大差はありません。

また、
普通の不繊維マスクで
両方とも防げます。

ちなみに、

花粉の大きさは大体30㎛で
PM2.5は2.5㎛

なのでPM2.5を
防ぐレベルのマスクなら
花粉ぐらいなら大幅に
シャットダウンできると言えます。

さらにちなみに、

黄砂の大きさはまちまちで、
「約0.5~5㎛」と
いわれています。

最後に

スギとヒノキも

つまるところは同じ
「ヒノキ科」と言うのを聞くと
症状にしても特徴にしても
あまり大差が無いと思えますよね。

とはいっても

アレルギー反応の仕方には
それぞれの個人差がありますから

ヒノキの方が喉が痛いとか
スギの方が鼻がつまるみたいな
そんな事もあるので

花粉での特徴よりも

自分の体質としての
それぞれの反応の違いを
見ていった方が

対策になると言えます。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。