春だけではなく、
秋の時期にも花粉が飛び、

その原因となる種類に

ブタクサがありますが、
セイタカアワダチソウも
アレルギーの原因とされているとか

今回はそんな秋の花粉症の
話題となっています。

スポンサードリンク

春はスギやヒノキが
主な原因となっていますが、

秋は「キク科」の植物が

花粉症アレルギーの
症状を引き起こす原因と
なっております。

セイタカアワダチソウアレルギー?

セイタカアワダチソウの時期は
「10月~11月」で、
秋真っ盛りの時期に
花粉が作られる感じなのですが、

セイタカアワダチソウは
風で花粉を飛ばして、
生息するシステムでは無く、

蜜に寄ってくる虫を媒介して
増えるシステムを採用しているので

セイタカアワダチソウの時期でも
花粉症アレルギーの原因とは
ならない事が多いです。

スギなどは花粉を風で飛ばして
増えるシステムなので
風で空気中に舞っている花粉を
人間が吸い込んでしまい、

やがて花粉症を発症しますが、

セイタカアワダチソウは
風で花粉を飛ばさないタイプなので
人間が吸い込む事は少なく、

よって花粉症の原因には
なり難いという事です。

しかしながら、

一昔前には
セイタカアワダチソウが
花粉症の原因と
騒がれた時期があったので、

現在でもその騒動の余波で

セイタカアワダチソウが
秋の花粉症の原因と考えている人が
少なくない状況なのだとか。

同じ秋の時期で
風で花粉を飛ばすシステムを
採用している種類で

尚且つ、
花粉症の原因となるのは
「ブタクサ」です。

このブタクサと
セイタカアワダチソウが
似ている事からも
勘違いする人が多いそうです。

スポンサードリンク

秋の時期はブタクサ花粉症!

という事で

秋の花粉症の原因は
セイタカアワダチソウではなく
「ブタクサ」です。

ブタクサは、

風で花粉を飛ばす
システムを採用しているので

花粉が空気中に待っていて、

さらには粒子が小さく
非常に花粉を吸みやすい事から、
秋の花粉症アレルギーの代表格と
なっております。

そんなブタクサの時期は
「8月~10月」

しかしながら、

ブタクサは「キク科」で
ブタクサ花粉症の人は
軒並み同じ「キク科」の花粉に
反応する傾向があり、

「セイタカアワダチソウ」
あるいは「ヨモギ」も
ブタクサと同じ「キク科」なので
原因となりえます。

なのでまあとにもかくにも

秋の花粉症っぽいなら
マスクでの対策は必須です。

最後に

セイタカアワダチソウを

花粉症の原因とする人は
まだまだ少なくないでですが、

花粉を飛ばさない事に加え
他の植物を抑制し、
自分が増えすぎるのも抑える
という性質があり、

セイタカアワダチソウだらけなら
逆に安全とも言えます。

またさらには
煮だしたお茶などが
アトピーに効果があるともされ、

悪い評価から一転

良い評価へと
変わりつつあるようです。

しかしながら、

セイタカアワダチソウと
ブタクサとは

「背丈が高い」事と
さらに「黄色い花」という
似た感じの特徴があり、

まだまだ勘違いする人も
多くいるようです。

見分け方としては

黄色の花が濃い方が
セイタカアワダチソウです。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。