痛くて辛い口内炎

通常なら10日もすれば
治るとはいえど、

その辛さから
一刻も早く脱却したいと
考える人もいますよね。

今回はそんな時に

即効性のある薬とか
即効で治療する方法を

見て行こうと思います。

スポンサードリンク

今回ご紹介する方法は

口内炎でも最も多い
「アフタ性口内炎」で
使える方法です。

口内炎の部分が
「楕円形で白い」のが
主な特徴です。

水ぶくれのような感じになる
ウイルス性や
ヘルペス性の口内炎には
使えない方法なので
ご注意ください。

口内炎に即効性のある薬

まずは最も早く
治療効果が期待出来る
方法の一つ「市販薬」関係の
話題で展開します。

<即効性のある市販薬>

  • ケナログ
  • 超有名で王道、
    評価も高い塗り薬

  • アフタッチ
  • 口内炎の大きさが
    シールに収まる程度であれば、
    治療と同時に患部も守れるので、
    このパッチ式(貼るタイプの薬)が
    最もおすすめです。

「ケナログ」と「アフタッチ」は
もはや神器といっても
過言では無いと思っています。

そしてこの他にも

パッチ式では
「大正口内炎パッチA」
と言うのがあります。
(即効性を取るならば
アフタッチの方が良いです)

また、
口内炎の原因が
「疲れ」や「免疫力の低下」
から来ている場合には

炎症を抑える成分と
粘膜の機能をアップさせる
成分が入っている

「トラフル錠」という市販薬が
おススメとなります。

スポンサードリンク

自宅で出来る即効治療

さて、市販薬に頼る事も
もちろんの事ながら、

お金をかけなくても、

即効治療が期待できる
方法は存在します。

<即効で治療する方法>

  • 塩水でうがい
  • 塩水でうがいする事で
    お口を清潔にし、
    口内環境を常に良くします。

  • 牛乳と酢のドリンク
  • コップ一杯の牛乳に
    大さじ1杯程度の酢を混ぜ
    レンジで温めます。

    するとヨーグルトの様な
    ドロドロした液体になります。

    これを飲む事で
    「口をアルカリ性にする」
    という効果があり、

    かくいう僕も試した所
    これで治りました。

という感じです。

即効治療の為には、
とにかく「口を清潔に保つ」
というのがポイントです。

お茶でうがいするとか
患部にはちみつを塗るとか
他にもいろんな方法は
存在していますが、

結局、つまるところは、
「お口の清潔」に帰結します。

ゆえに、

「食後の歯磨き」は
絶対条件です。

歯磨きをした上で、

塩水でうがいするとか
あるいは、
リステリンなどのうがい液で

口内にある菌をやっつけると
より効果が高まります。

最後に

という事で

最も多いアフタ性口内炎に
即効性のある薬だったり、
即効治療で出来る事を
ご紹介しました。

口内炎が出来る原因には
様々ありますが、

口内環境が不衛生に
なっている時は
やはりできやすいです。

なので、

口内炎予防の為にも
口の清潔は大切ですし、
それがまた虫歯予防にも
繋がってきますからね。

歯磨きはガチで重要です。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。