「秋の花粉症」といえば
カモガヤ?

的な事から、

他にも原因となる
種類はあるのか?
といった感じの事を

いろいろ書いています。

スポンサードリンク

もはや春だけでなく

「秋」という季節も
花粉症シーズンとして
認知されています。

そんな時期には

どんな種類の草が原因となり
花粉アレルギーを起こすのか?

って事で、

今回はそんな話題を中心に
やらさせてもらいます。

秋の花粉症は主にカモガヤ?

カモガヤの花粉が飛ぶ時期は
「5月~8月」なので

秋の花粉症原因が
「カモガヤ」である事は
あまり無いです。

秋というよりは

スギやヒノキが去った後で
いわば「夏の花粉症」
という感じです。

ではなぜカモガヤが

秋の花粉症的な感じで
展開されているのかと言うと、

「カモガヤ」の分類が
秋の主な花粉症原因となる
「イネ科」に属しているからです。

「イネ科」は全般的に
花粉の構造が似ているので

カモガヤ花粉に反応する
アレルギーをお持ちの方は
他の「イネ科」に反応する事が多く

ゆえに

カモガヤの花粉じゃないけど
似た花粉であるイネ科に反応して
秋にも花粉症の症状が
出てくることがあります。

なので

秋の花粉症っぽい人は、
カモガヤ花粉はもう飛んでないので
それは直接的な原因ではないけど、

カモガヤと同じ「イネ科」の花粉に
反応している事が考えられます。

まあ間接的には
カモガヤが原因と
なっている感じです。

スポンサードリンク

秋に原因となる種類は?

秋の花粉症は
先ほどちらっと言いました
「イネ科」が原因になりうると
書いてきましたが、

他にも種類があります。

<秋花粉症原因となる種類>

「ブタクサ」「ヨモギ」
などの「キク科」

特にブタクサは
秋花粉症の代表格とされ
「イネ科」よりも
「ブタクサ」である事が多いです。

「カナムグラ」

キク科、イネ科と共に、

「秋の3大花粉症の一つ」
と言われているのが他でもない

この「カナムグラ」

秋はブタクサにみられる
キク科の花粉症患者が
最も多いとされていますが

カナムグラ花粉症の人は
その次に多いとされています。

9月~10月にピークを迎え
とても繁殖力の強い草なために
そこら辺に生えていますから
お気を付け下さい。

「稲」「麦」「アシ」
「ススキ」などの「イネ科」

カモガヤと同じイネ科には
日本人になじみの深い
稲や麦の花粉が
原因となって来ます。

特に稲刈りのピークとなる
9月頃は特に
近づかない方が良いです。

とはいっても、

花粉の飛散距離(範囲)が
わりと狭いので
田んぼに近づかないようにすれば
ほぼ大丈夫なのだとか。

また

「アシ」や「ススキ」は
時期が8~9月なので、

秋というかは「夏」ですが、
9月頃までは飛んでいますので
これらにも近づかない方が賢明です。

しかしながら、

こういった「イネ科」対して
アレルギーがある人には
気を付けて欲しいのが
「口腔アレルギー」です。

稲こと米は日本人の主食ですし
麦もパンで食べますから

普段は何ともなくても

花粉症の症状が出ている
アレルギーが過敏な状態の時は
注意して下さいませ。

食べ物を食べた後に、
口の中や喉がかゆくなったり
腫れて来たりすると
それは口腔アレルギーなので

ただちに食べるのは止めて下さい。



これらの記事も
参考にしてみて下さいませ。

まとめ

と言う事で
いろいろまとめて来ました。

秋の花粉症原因は
主にブタクサやヨモギなどの
「キク科」ですが、

他の種類では「カナムグラ」

そして稲、麦、アシ、
ススキなどの「イネ科」も
原因となり、
「口腔アレルギー」にも
注意という事です。

そしてまた、

カモガヤ花粉症の人は
同じイネ科に反応しやすいので
秋花粉症に気を付けて下さい。

そしてやっかいなのは

花粉症という、
こういったアレルギーを
持っている方は

関係ない他のアレルギーも
発症しやすいと言われています。

つまり花粉症を発症した事で

他のアレルギーにも
反応するようになってしまった。
みたいな展開です。

花粉ではなくて、

ダニやホコリなども
原因となっている事もあるので

原因が花粉じゃないと
思う事があった場合には
一度検査して確かめる事を
おすすめします。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。