花粉症は春だけではなく
「秋」にもあります。

そんな秋の花粉症は

いつからいつまでが時期で
飛散のピークなのか、
そしてまた、
症状などに特徴はあるのか

といった関係の話題について
いろいろ書いています。

スポンサードリンク

春が過ぎても

夏から秋にかけて
花粉を飛ばす草花があり
それが花粉症の原因と
なって来ています。

時期はいつからいつまで?

秋の花粉症を引き起こす
原因となる草花は、
主に「3種類」あります。

  1. ヨモギやブタクサなどの
    「キク科」
    飛散時期は8月~10月
  2. 「カナムグラ」
    飛散時期は8月~10月
  3. 稲、麦、ススキなどの
    「イネ科」
    飛散時期は8月~9月

これらは「秋の3大花粉症」
とも言われています。

なので時期としては、

「キク科」
「カナムグラ」
「イネ科」という3種類の
花粉が飛んでいる時期が
ポイントとなります。

ゆえに、

秋の花粉症はピークも踏まえて、
いつからいつまでかというと
「8月後半から10月いっぱいまで」
と言う事が言える感じです。

しかし、

花粉だけではなくて、
秋に増えてくる
ダニやハウスダストなど

花粉以外のアレルゲン
(アレルギーの原因)も

関係してくる事があるので

「秋はアレルギー原因が多い」
という事も頭に入れて置いた方が
良いと思います。

スポンサードリンク

秋の花粉症に特徴は?

さて、
いつからいつまでというのが
8月後半~10月いっぱいまでは
花粉に気を付けた方が良い

というのを分かったうえで

お次はその特徴的な
話題になって来ていますが、

秋の花粉症でも
症状に特徴はなくて

「鼻水、鼻づまり、
くしゃみ、目のかゆみ」など
代表的な症状がでます。

秋は喉にくるとか
咳がでるとか
目のゴロゴロ感が凄いとか
そういった症状は全て
個人差と言えます。

しかしながら、

秋の花粉症は
症状では無い部分に
特徴があると言えます。

その特徴としては、

  • 主に背の低い草花が原因
  • 春に比べると
    花粉の飛ぶ範囲が狭く
    飛散量も全体的には少ない
  • でも道端や川沿いなど
    至る所に生えている

これらが特徴として挙げられます。

風で花粉を飛ばして
受粉するタイプではあり、
そこらじゅうに
生えている草花とはいえ

飛ぶ範囲が狭いので

花粉を吸いこむのを
出来るだけ減らす為にも

こういった原因となる種類に
「近づかない事」が
有効な対策になります。

そもそも近づかなければ

花粉を吸い込む可能性が減り
つまり症状も出にくくなる
って感じです。

なのでこういった点では、
比較的対策しやすいと言えます。

とはいっても

マスクやうがいなどの
基本的な対策は
やはり怠らない方が良いですよ。

最後に

「春」ほどの量ではないと
言われているものの、

それでも秋に
花粉症の症状を訴える人が
増えているのも事実。

なので、マスクなどの
基本的な対策はもちろん、

秋は「季節の変わり目」
でもありますからね。

体調を崩してしまう人も多いので

身体の抵抗力もとい
免疫力を高めておく事も
風邪予防になりますし、

それが花粉症予防にも
つながってきます。

天気予報を見て

特に気温の変化や
寒暖差には気を付けて下さいませ。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。