雨の日に花粉症の症状が

ひどいって人もいれば
楽って人もいます。

その両方の原因といいますか
違いについて
いろいろ書いております。

スポンサードリンク

雨の日は花粉が飛ばないから
症状が楽になると
よく言われていますが、

実際に楽になる人と
逆にひどくなる人がいます。

今回はその違いについて

その原因も含め
もろもろまとめています。

ちなみに、

雨の日でも
少量ながら花粉は飛んでます。

だからこそ、症状が出ます。

雨の日にひどい原因は?

さて、なぜ雨の日の方が
ひどくなるのかという事ですが、

まずは結論といいますか

症状がひどくなる理由の
「流れ」的な事を先に言うと、

雨の日は気圧が低い

→気圧が低いと、人間の身体は
副交感神経が優位になりやすくなる

→副交感神経が優位だと
ヒスタミンが多く分泌される

→ヒスタミンが多く分泌されるので
花粉症の症状がひどくなる

っという感じです。

「明日は高気圧に覆われるので
広い地域で晴れになります」
「明日は低気圧が近づく為
広い範囲で雨となるでしょう」

っという感じの事を
天気予報で聞いた事が
あると思います。

雨の日は晴れの日に比べて
気圧が低い状態です。

そして、気圧が低いと

アレルギー症状が強く出る状態の
「副交感神経が優位な状態」に
人間の体はなりやすくなるそうで、

朝起きた時に辛い症状が出る
「モーニングアタック」や
お風呂に入っている時、
あるいは寝る前に酷くなるのも

リラックスしている時に優位になる、
この副交感神経が関係しています。

そして、
この副交感神経が優位な状態に
症状が酷くなる理由こそ

ヒスタミンが多く分泌されるから
という事でして、

アレグラなどが
「抗ヒスタミン薬」と言われるのは
このヒスタミンを抑えて
症状を緩和するという事で、

つまりヒスタミンは
アレルギー症状を起こしている
原因物質となります。

ゆえに、

アレルギー症状を
引き起こす原因物質が
多く分泌されるので

花粉症の症状がひどくなります。

スポンサードリンク

花粉症が楽になる人との違い

とはいえ、
「雨の日の方が楽」
なんて人がいるのも事実。

では一体なぜ

雨の日に花粉症がひどい人と
楽になる人がいるのか?

と言いますと、

それは、
「リンパ球の比率」が
関係しています。

情報量がえげつなくなるので
詳しい事は省きますが、
(というか
自分もなんとなくでしか
理解してませんが)

ざっくり言うと

「リンパ球の比率が高いと
それだけヒスタミンが分泌される
比率も高くなる」

という感じです。

つまり、
雨の日にひどい人は
リンパ球の比率が高いので
少量の花粉を吸い込むだけでも
症状が出てくるみたいな。

逆に、

リンパ球の比率が低いと
少量の花粉程度なら
ヒスタミンが分泌されないので
その結果、楽になるみたいな。

このように、

ヒスタミンを分泌する
「リンパ球の違い」が、
ひどい人と楽になる人の違い

といえる感じです。

最後に

まあここまでいろいろと
わーわーと書いて
まとめてはきましたが、

「天気はあまり関係ない」
という人もいますよね。

まあそんな人の場合は
もう原因が分りませんけど

一つ言える事は、

雨の日とはいえど
花粉が全く飛んでない
って訳ではないので

マスクなど基本的な対策は
施して下さいませ。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。