ノロウイルスの予防には
ラクトフェリン入りのヨーグルトが
効果的だったり、

乳酸菌でも
腸内の善玉菌の働きを
助ける感じで
効果があるそうです。

それらが含まれている
商品やサプリなど、

いろいろとまとめております。

スポンサードリンク

予防に関しては
手洗いや消毒など
体外的な要素に対するモノと

今回のように
免疫力を高める的な
体内的な要素での
対策もあります。

このダブルの対策で
より感染しない可能性を
低くしていき、

奴らをレッツ撃退。

ラクトフェリン入りヨーグルト

これは森永乳業が発表した
保育園で行われた実験で

ラクトフェリン入りのお菓子や
ヨーグルトを摂取したグループと
摂取しなかったグループでは

摂取したグループの方で
発症した割合が大幅に減少した。

という結果が出たので
「効果があると」判明しました。

ラクトフェリンとは
母乳に含まれているタンパク質の一種で

腸の表面とくっついて感染を防いだり、
ノロとくっついて
増殖を抑えたりしてくれるので

体の免疫力が高まります。

食品としては、
牛乳やナチュラルチーズに
含まれていますが、

(プロセスチーズには
含まれていません。)

摂取量の目安となる
100mgを摂る為には

牛乳なら1日約1L

ナチュラルチーズなら
市販されている
カマンベールやブルーチーズを
丸ごと一個食べなければなりません。

これはさすがにきついので

お勧めな摂取方法はやはり
ラクトフェリン入りのヨーグルトを
食べる事です。

有名なのが「森永」の
こちらの商品です↓(楽天へ飛びます)

これを毎日1個
朝昼晩どれでも良いので
食後に食べれば
ノロウイルスの感染を
抑える事が期待できます。

また、

ダイエットという切り口ですが、
含有量だけを見れば

断然このライオン
「ナイスリムエッセンス」が
多く含まれていますが、

そして注意なのですが、

子供さん用に
サプリを購入する場合は
年齢も考慮して
摂取量を調整して下さい。

また、ラクトフェリンは
「牛乳タンパク質」なので
牛乳アレルギーの人は
摂取は控えた方が良いです。

そしてもう一つ、
ノロ対策として食べる場合は、

単純なヨーグルトでは無く
「ラクトフェリンが
含まれているヨーグルト」を
食べるようにして下さいね。

乳酸菌シロタ株

続きまして、

ノロウイルスの予防効果を
期待できるのが
「乳酸菌シロタ株」

乳酸菌が腸内の
善玉菌の働きを助け、

身体の免疫力を高めてくれます。

また、
老人ホームで行われた
実験の結果によると、

ノロが発症した場合にも
初期症状で多く出る
軽い発熱を抑えるという効果も
見られたようです。

そんな乳酸菌シロタ株が
多く含まれているのは
「ヤクルト」関連の商品です。

乳酸菌飲料なら
「ヤクルト400」や
「ヤクルトゴールド」
ヨーグルトでは「ソフール」

これらのヤクルト商品に
ノロウイルスに効果のある
乳酸菌が多く含まれています。

善玉菌を増やしてくるので
腸内環境も良くなり、

ノロウイルスのみならず、

単純な食あたりとかでも
抜群に効果がありそうですよね。

最後に

という事で、
ラクトフェリンが入った
ヨーグルトだったり、
シロタ株が入った乳酸菌飲料を
紹介してきましたが、

こられの他に「柿汁」が
効果があるとされています。

元々「抗ウイルス作用」に
定評があった柿汁ですが、
中に含まれている「タンニン」が
ウイルスを無効化する
働きがあるのだとか。

これらの食品を日常的に
摂取するようにすれば
ある程度は防げる思います。

しかし最後に注意ですが、

実験結果でも
割合が減っただけであり

決して感染しない、
決して発症しない、
という事では無いです。

これらを摂る事は、

あくまで免疫力を高める為の
補助的な意味が強いので、
食べてさえいれば大丈夫
という事では当然ありません。

日々の生活の中でも
気を付けるべき事もあるので

これが絶対ではないって事も
頭に入れておいて欲しいと
思いました。

では、

最後までご覧いただき
ありがとうございました。