花粉症は春の
3月と4月だけでなくて、
初夏の5月や6月にも
なってしまう人がいます。

そんな時期の
原因となる草の種類を
チェックしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スギやヒノキの
花粉症患者が多いために、
天気予報でも
花粉情報が流れますが、

そんな時期を過ぎても
あるいは時期を過ぎてから

鼻水が出てきたり
目がかゆくなってしまうのは

他ならぬ5月6月の

いわば「初夏の花粉症」
とも言うべきアレルギーを
発症したのかもしれませんよ。

5月6月の花粉症の草の種類

さてさて、まずはざざっと

花粉症の原因となる
草の種類を挙げていきますと

  • カモガヤ
  • ハルガヤ
  • オオアワガエリ
  • ギョウギシバ
  • ハガハグサ
  • コヌカグサ
  • アシ
  • ススキ
  • ハンノキ
  • シラカンバ
  • オリーブ
  • ブナ科(特にコナラ属)

といった種類があります。

5月から6月にかけて
原因となる草は
これらの中のどれかであると
考えて良いかと思います。

まあでも、

こうやって並べると
種類が多い気もしますが、

この中で
5月6月の花粉症として
最も多いのは「カモガヤ」です。

カモガヤがほとんど
といっても過言ではありません。

しかしながら、

この花粉アレルギーの人は
カモガヤ属する
他の「イネ科」の植物にも
反応する事が多いそうで、

カモガヤ花粉症の人は、

上記の一覧では上からいって、
カモガヤからススキまでの
イネ科の草には注意が必要です。

そして、本州では無くて、

特に北海道の人は
ハンノキやシラカンバといった
「カバノキ科」の
花粉が飛んでいまして、

カモガヤではなくて
カバノキ科花粉の人が多いようです。

また、地域性と言う意味では

「オリーブ」花粉の人も
栽培されている所だけでしか
アレルギーを持ってない人が多い
とも言えます。

「松」に関しては


こちらの記事で
まとめておりますので
見てみて下さいませ。

そして上記の他にも

「イチゴ」「リンゴ」「バラ」
といった植物も
花粉症の原因となりますが、

これは一般の人ではなく

これらを栽培している
農家の方に多いそうです。

スポンサードリンク

最後に

花粉症の原因となる草は
「風媒体」といって

風で花粉を飛ばして受粉し
生き残るシステムを
採用している種類が主です。

風で花粉を飛ばすがゆえに

舞っている花粉を
人間が吸い込む可能性が
高くなっていますので

それが蓄積されていくと
やがて花粉症を発症してしまう。

という感じですね。

とはいえど、
「虫媒体」といって

蜜をとりに来た虫に花粉を付け
受粉するシステムを
採用している植物でも

近くに行けば花粉を吸いこむので
それも原因となってしまいます。

だからこそ
造園関係や農家の人は
職業病的にそれらのアレルギーを
持ってしまうようです。

まず気を付けるべきは
「風媒体」の植物ですが、

5月6月の原因となる草は

スギやヒノキに比べれば
飛散量は少なく、
飛ぶ範囲も狭いので、

近づかないようにするだけで
十分に対策になると
言える感じです。

しかしながら、

「ヒノキ科」の植物の中には
5月や6月ごろまで
花粉を飛ばす草もありますので

ヒノキ花粉症の人は

ピークを過ぎても
気を付けるに越した事は
無いと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。