6月でも花粉症のような
症状がでる人はいます。

その際の原因は
カモガヤなどのイネ科で、

その原因となる花粉は
6月下旬になってからでも
飛んでいます。

スポンサードリンク

6月の花粉症原因はカモガヤ

晩春というか、
もはや初夏という感じの6月。

一般的な花粉症は
3月4月に飛散のピークを
迎える事になる
スギやヒノキですが、

5月や6月頃には
「カモガヤ」の花粉が
主な花粉症の原因となります。

そしてカモガヤは
「イネ科」に属していて

カモガヤアレルギーを持つ人は
他のイネ科の花粉にも
反応してしまう人が多く、

カモガヤに端を発する

「イネ科アレルギー」と
されています。

これらの花粉については、


こちらの記事も
参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

イネ科は6月下旬に飛ぶ

さてさて、
5月からの花粉症として
最も多いのがカモガヤですが、

カモガヤを含む
「イネ科」には他にも

「ハルガヤ」
「オオアワガエリ」
「ギョウギシバ」
「ハガハグサ」
「コヌカグサ」

などがあり、

そしてさらには
「稲」や「麦」などもあり

特に5月や6月ごろには
田植えシーズンでもありますから
(地域によってですが)

近づくと花粉を吸いこむ事になるので
注意が必要です。

これら原因となる草は
6月7月に飛散のピークを迎えるので
下旬になっても症状はでます。

とはいえ、

スギやヒノキに比べれば
花粉の飛散量は多くは無くて
飛ぶ範囲としても
あまり広くはありませんので

まずは近づかない事が
対策と言えます。

そのうえでマスクなどの
基本的な対策をしていく事で
症状は緩和されると思われます。

しかしながら

イネ科花粉症の人で
特に症状が出ている場合に
気を付けて欲しいのは
「口腔アレルギー」です。

花粉と似た構造を持つ
食物を食べると

口の中がかゆくなったり、
腫れるといった症状がでる
アレルギー反応で

イネ科の場合は
注意する食品が多いです。


こちらの記事を参考に
注意して下さいね。

そしてまた

イネ科には
「アシ」や「ススキ」も
入って来ていますので

秋の花粉症にも
注意が必要となってきます。

つまり、

6月に花粉症のような
症状が出てくる人にとっては

夏の間だけではなく

秋になってもまだ対策が
必要になる場合もありますので

くれぐれもご注意ください。

最後に

こういった初夏の
爽やかなシーズンは

「薫風」という表現もあるように、

草木の香りが良い季節でも
ありますけれども、

そんな香りを楽しもうと
いっぱい吸い込んでしまうと
花粉症の発症を早める的な事にも
なりかねません。

カモガヤはそこらじゅうに
生えていますから、

そういった草木の近くでは

あまり深呼吸的な事は
しない方が賢明です。

とはいえ

マスクをするだけでも
花粉を吸い込む量が
全然違ってきますので

そういった対策をしつつも

爽やかな季節を
楽しんで欲しいと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。