10月の花粉症は
主に「ブタクサ」が原因です。

そんなブタクサについて
咳や喉の痛みといった
症状に関しても

いろいろ書いて行こうかと
思っております。

スポンサードリンク

すっかりおなじみとなった
「秋の花粉症」

今回の内容は、

その代表格である
ブタクサ中心の話題で
展開させてもらってます。

10月の花粉症はブタクサ!

さてさて、
「秋の3大花粉症」
と言うのがありまして、

ブタクサなどの
「キク科」

「カナムグラ」

イネやススキなどの
「イネ科」

という3つの原因となる
種類があります。

そしてこの中でも

10月という秋まっただ中の
花粉症原因として
ブタクサアレルギー(花粉症)の
患者さんが最も多いようです。

しかしながら、

ブタクサと同じく
「キク科」の種類として

  • ヨモギ
  • セイタカアワダチソウ
  • オオブタクサ
  • セイタカアキノキリンソウ
  • ヒメシオン
  • ヒメムカシヨモギ

といったモノがあり

これらの花粉も
10月は飛んでおります。

そしてキク科でなくても

カラムシやキリン草も
花粉症を引き起す原因と
なっている感じです。

スポンサードリンク

咳や喉に症状が出る?

とまあいろいろと
花粉症原因となる草の
種類が存在しているとはいえ

やはり多いのはブタクサです。

そしてそんなブタクサには
何か症状に特徴が
あるのかどうかという事ですが、

ブタクサは粒子が小さく
気道にまで入りやすいので、
喉の痛みや咳の症状を
訴えている人が
比較的多いのだとか。

なのでまあ

比較的喉の症状が
出やすいと言える感じです。

とはいっても

花粉症である事に変わりなく
秋だからとか
ブタクサだからとしても

鼻水、くしゃみ
鼻づまり、目のかゆみ

という
「花粉症の4大症状」が
主に起こるので、

単に咳が出るとか
喉の痛みだけであれば、

それは花粉ではなくて
風邪である可能性も
否定できません。

それに10月は

季節の変わり目で
肌寒くなってきてますし、
そういった事も
関係していますからね。

まあ花粉症にしても
風邪にしても

対策方法として
マスクやうがいなどが
基本ですので、

どちらにしても

そういった対策をする事で
ある程度は防げるかと思います。

最後に

風邪なのか花粉症なのか

良く解らないって場合が
とても多いですが、

鼻水の粘度や痰の色とか
寒気といった
風邪の症状は他にないか、

あるいは

目のかゆみだったり、
くしゃみの回数が多いとか
花粉症っぽい症状が
他にないかと言った部分で

総合的に判断していくと
精度は上がると思いますし、

確実に原因を知りたいなら

やはりお医者さんに
ちゃんと診てもらうか

あるいは花粉症もとい

アレルギーの検査を
してもらったら、

何アレルギーなのか分りますし、

そういった検査をする事も
視野に入れてみて下さい。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。