花粉症といえば、
春と秋が主にピーク的な
イメージがありますが

11月にスギが
飛んでいる事もあるのだとか。

そしてまた

晩秋というか冬に
なりつつある下旬にも
頭痛などの症状が
出る場合もあります。

今回はそんな感じの内容で
やらさせてもらってます。

スポンサードリンク

「秋花粉症」と
言えなくもない11月ですが、

寒くなって来る時期でもあり、

もう花粉なんて
飛んでなさそうなイメージも
ありますよね。

まあそんなこんなで
いろいろまとめております。

11月の花粉症はスギ?

さてさて、
11月の原因となる種類を
調べてみた所、

11月の花粉症原因となる種類

  • スギ
  • セイタカアキノキリンソウ(キク科)
  • イネ科

っという感じです。

「スギ花粉」ってのは
とても意外ですし、
飛散のピーク時期は
春の3月頃なのですが、

花粉を蓄えた杉は
寒暖差のあるこの時期を
春だと勘違いした的な事で

11月にも花粉を飛ばす
場合があるようです。

時期としては
「11月の初め頃~12月中旬」

なので

11月の下旬に症状が出る場合も
スギ花粉が原因である
可能性が高いと言えます。

そして、

秋花粉症の代表格である
ブタクサやヨモギなどといった
「キク科」ですが

そのキク科の中でも
「セイタカアキノキリンソウ」は
11月になっても
まだ花粉を飛ばしています。

その他にも「イネ科」があり

中でも「スズメノカタビラ」は
1年中飛ばすそうですが、

11月のイネ科には
どの草のイネ科があるのかは
特定できませんでした。

しかしながら、

あるイネ科の種類の
花粉アレルギーを持っている人は
同じイネ科の植物に
反応しやすいそうなので

イネ科花粉の代表的な
「カモガヤ」など
(ピーク時期は初夏)

これらのアレルギーを
持っている場合には

11月頃にも注意が必要です。

スポンサードリンク

症状は頭痛が主?

原因となる種類が判明した所で

その症状には
何か特徴があるのか的な
話題になってきていますが。

11月の花粉症といえど
症状には特徴はありません。

くしゃみ、鼻水、
目のかゆみ、鼻づまり
といった花粉症の代表的な
症状である事がほとんどです。

草の種類は違えど

花粉症である事に
変わりないと言えますので

どの草だから頭痛だとか
これが原因だから喉が痛いだとか
そいった違いはないと言えます。

とはいえ
症状には個人差もあり、

喉の痛みだったり、
頭痛や微熱、寒気など
風邪っぽい症状が
出る人も中にはおられますから

鼻水の粘度や色
(花粉症ならサラサラで透明)

目のかゆみや、くしゃみの回数など

そういった総合的な部分で
花粉症か風邪かを判断していくと
良いかと思います。

寒暖差アレルギーの可能性も

10月や11月は
暑い日と寒い日があったり

あるいは、

暖房の効いた室内と
肌寒い屋外という
寒暖差に見舞われる
シチュエーションが多々あります。

この温度差によって

身体の自律神経が乱れて
風邪や花粉症のような
症状が出る場合があります。

これを「寒暖差アレルギー」と言い

正式な名前では
「血管運動性鼻炎」と言います。

鼻炎という名の通り

多くの場合は鼻水が出てきて
しかも花粉症のような
透明でサラサラした感じなので

見分けにくい側面もあります。

季節外れ的な
花粉症だと思ってても

2~3日とか、
長くても1週間ぐらいで
症状がなくなったら

この寒暖差アレルギーだった
という可能性もあるので

まだ発症して1日とか2日なら
花粉症だと決めつけずに
しばらく様子をみてみるのも
良いと思われます。
(単純に風邪かもしれませんし)

かくいう私も
11月では無いのですが

花粉のピークを終えた5月に
サラサラの鼻水が出たので

「ついに花粉症か・・・
5月だからカモガヤか・・・」
なんて思っていたら
3日ほどで治まりまして、

今思えば
その症状が出てきた日は

2月ばりの寒い日の後に
真夏日になった時でもあったので

あれは寒暖差アレルギーに
よるものだったのかと
推測すると合点がいきます。

最後に

アレルギーの原因は
実に様々ありますから、

花粉を疑う事もそうですが、

「ハウスダスト」や
「蛾」や「ダニ」といったモノが
原因となっている場合や
それに寒暖差もありますからね。

まあ詳しく知りたい場合には

やはりアレルギーの検査を
受けるのが確実だと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。