花粉症の原因となる
草花の種類は

実は1年中飛んでいるそうで、

今回はそんな中でも
12月にスポットを当てた
内容でやらさせてもらいます。

そして症状についても
かるくふれてます。

スポンサードリンク

12月ともなると

色づいた葉っぱなんて
すっかり風に飛ばされて

花粉なんて要素が
どこにあるの的なイメージも
持ってしまいますが、

花粉、飛んでるんですって。

12月の花粉症原因と種類

さてさて、
そんな冬も真っ盛りを
迎えつつある12月ですが、

花粉というのは1年中
何かしら飛んでいるそうで、

その中でも特に

12月の花粉症原因の
種類として挙げられるモノには

  • スギ
  • イネ科
  • キク科

といった種類があります。

スギ花粉ってのは意外ですし、
ピークはもちろんながら
春の3月頃なのですが

12月の時点でもうすでに
花粉を蓄えているそうで、

温かい日があれば
勘違いしてとばす事が
あるようですし、

そしてまた微量ながらも
スギは年中飛ばしているのだとか。

そして

秋の花粉症の代表格である
「イネ科」や「キク科」の植物も
12月頃まで花粉を飛ばす
種類があるそうです。

そしてこのほかにも

花粉症の原因となるモノに
「クワ科」「イラクサ科」
「アカザ科」「ヒユ科」
といった種類の植物があり

これらは12月でも花粉を
飛ばしているのだとか。

こうやってみると

冬とはいえど、
なかなか飛んでいますよね。

スポンサードリンク

症状に特徴は?

そんな冬の花粉症で、

種類によって何か
症状に特徴があるのかという
話題へとはいりますが、

12月の花粉症でも
症状に特徴はありません。

スギ花粉でも
イネ科やキク科でも

原因となる種類が違うとはいえ

花粉アレルギーは、
くしゃみ、目のかゆみ
鼻水、鼻づまりといった

これら花粉症の
代表的な症状が表れます。

とはいえ

症状は多岐にわたり、
個人差もありますので

頭痛がひどい人だったり、
顔がかゆくなる人だったり、
非常に稀ですが、
微熱や寒気などがあったりと

いろいろあります。

しかしまた
季節的な事を考えても
単純に風邪を引いているとか

そういう事もありますので

くしゃみの回数だったり
目のかゆみの有無だったりと
いろいろな症状から
総合的に判断していくと

良いかと思います。

最後に

冬は乾燥してるので

鼻の中もカサカサになって
敏感になっていて
かつ炎症が起きやすいので

特に原因がなくとも

アレルギーっぽい症状を
引き起こす場合があります。

また、12月になると
インフルエンザなどにも
気を付けていくべき時期と
なってきてますので

花粉症も含め

鼻の乾燥を防ぐとか
インフルエンザや風邪など
そういった事の
もろもろの対策として

マスクを着用して外出するのが
最も賢明だと思われます。

そして家に帰ったら

手洗いやうがい等も
しっかりやっていくと
良いですよね。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。