夏が本番を迎える前にも
「熱中症対策」は
重要となって来ています。

そんなこんなで、

対策はいつからすればいいのか?

そしてまた、
正しい塩分の取り方と
水分補給のタイミングについても
まとめております。

スポンサードリンク

7月や8月などは
それなりに熱中症対策を
やっているとは思いますが、

まだ身体が暑さに慣れていない
夏を迎える前からすでに
熱中症に気を付けていく必要が
あるという感じです。

熱中症対策はいつからすると良い?

春も終わりになってくると
つまり初夏ともなると
少し歩くだけでも
汗をかく日がありますよね、

そんなこんなで、

熱中症対策は
いつからしたほうが良いのか?
という事ですが、

それは「5月から」です。

私がよく見る天気予報の人も
平年より暑い日の予報があれば、
「熱中症には気を付けて下さい」と
5月から言い始めています。

冒頭でもちらっと言いましたが

5月とはいえ暑い日があって
”身体がまだ暑さに慣れていない”ので
暑さによる影響を
より強く受けやすくなっています。

そしてまた、

「温度」だけではなく
「湿度」も関係していて

6月には梅雨入りする所も多く
雨の日が続きます。

そんな雨の日は、
気温もそんなに高くならないので
一見すると大丈夫そうですが、

湿度が高い状態だと
汗が出にくくなっていたり、

汗というのは、
蒸発する際の「気化熱」で
熱を奪って行く事で
身体の温度を下げて行くのですが

湿度が高いと
出てきた汗が蒸発しないので
体温を下げにくくなってしまいます。

つまり、

湿度が高い状態でも
熱中症になる恐れはあります。

なので、5月頃からは
気温だけでなく、
湿度にも気を配るようにして
過ごす事をおすすめします。

スポンサードリンク

塩分の取り方と水分補給のタイミング

さてさて、5月頃から
熱中症対策が必要といっても
過ごしやすい時期でもあるので

まだそこまで意識する必要も
無いと思いますが、
運動などで汗をかく場合には
特に注意した方が良いです。

運動で汗をかく場合

運動で汗をかく場合は

汗によって失われる
塩分も水分も両方の補給が
必要となって来ます。

塩分の取り方としては、

汗をかいた腕を水で流して
それをペロっとなめてみた時に
しょっぱいと感じた時に
塩分補給が必要なサインだそうです。
(夏本番もしかり)

汗をそのままなめると
もちろんしょっぱいので、

その汗を流してなお
しょっぱさを感じた時には
特に塩分が必要な状態なのだとか。

塩分量の目安としては

1リットルの水に対して
1~2gの塩で良く、
5gも10gも
必要なわけではありません。

水分補給のタイミングとしては

運動中はタイミングもくそも
無いのかもしれまんが

「喉が乾いたと感じる”前に”」
摂取する事が理想ですので、

こまめに水分補給をして下さい。

ただし、

一度に大量に飲むのはNGですので
「少しずつで、回数を多く」
これを意識して下さいね。

これは夏本番でも同様です。

室内で過ごす場合

主に室内で過ごす場合なら
5月や6月なんて
汗はかかないし
むしろ過ごしやすい時期なので、
必要性を感じませんよね。

運動はする場合には
熱中症対策といいますか
水分や塩分を意識して
補給していく事は重要ですが

室内で過ごす場合には

まだ5月頃であれば
「喉が渇いたな」と感じた時に
お茶を飲むようにすればOKです。

また、

寝る前にも
コップ一杯のお茶を飲む事を
忘れないようにして下さい。

ただし!

夏本番頃になってくると
室内にいたとしても
「喉の渇きを感じる”前に”」
摂取する事が望ましいので

「1時間毎に、コップ1杯」など

定期的に飲む時間を決めて
補給していくのがより良いです。

そしてまた「水」ですと、

血中の塩分濃度が下がるので
お茶(特に麦茶が理想)を
飲むようにして下さい。

緑茶には
利尿作用がある成分が
入っていますので、
余計に水分を排出してしまいます。

そして塩分に関してですが

日本人は塩分が高い食事を
普段からしているので、

食事をきちんとしていれば
塩分を意識して
補給する必要はあまりなく、

梅干しや塩昆布、味噌汁など

これらを食べているなら
なおさらな感じです。

ただし、

食事をしていないとか、
そう言った場合には
塩分が足りていない場合もあり
注意が必要なので

普段からちゃんと
食事するようにして下さいね。

最後に

水分とともに重要な塩分。

まあ少し繰り返しになりますが、
日本人は塩分が高い食事を
普段からしているので、

スポーツをして
大量の汗をかく人以外は

ちゃんと食事さえしていれば
意識して塩分を摂る必要は
無いといえる感じのようですよね。

しかし運動する時とか
あるいは食事をしてないなど

そういった場合には

水分だけを取ると、
身体の塩分濃度が下がって
危険な事もあるので、
塩分を摂る必要があります。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。