「熱中症対策」

真っ先に浮かぶのは
水分補給ですが

良く言われている
「帽子」については
いろいろな疑問があったので

効果とか、色についても
まとめてみました。

スポンサードリンク

帽子をかぶると

夏場は蒸れてしまって
熱がこもるみたいな
イメージがありますから、
むしろ逆効果なんじゃないの?

なんて思ってしまいます。

しかしながら、
帽子の選び方にさえ気を付ければ
非常に有効な対策になります。

熱中症対策に帽子って効果ある?

さてさて、
熱中症対策として
良く言われている「帽子」

結論から言いますと

帽子は熱中症対策として
非常に有効です。

帽子によって
頭に当たる日光を遮断する事で
(直射日光を防ぐので)
温度の上昇を防ぐ効果があり、

その結果、

「体温の急激な上昇を抑える」
という効果があります。

いわば

「木陰を自ら作り出している」と
そんな感じで、

直射日光の場合と
木陰に入った場合とでは
体感温度としても
実際の温度としても

全く違ってきますよね。

体温の上昇に
身体がついてけない時に
熱中症を引き起こしますから

帽子をかぶって

少しでもその要因を減らす事が
非常に大事といえます。

帽子が嫌いって人でも
帽子を被った方が
熱中症対策として有効なので

被らないよりは被った方が
賢明といえます。

スポンサードリンク

色は黒が良い?

とはいえど
帽子の選び方を間違えると
逆効果にもなり得ます。

熱中症対策として
最も望ましい帽子は

  • 頭にフィットするような
    ピッタリした帽子のではなくて
    「ゆるめのサイズ」
  • 厚手のフェルトやニット
    皮など、熱がこもる素材は避け
    「通気性のよい麻や綿や麦わら」
  • 帽子の色は黒よりも
    「白などの薄い色」
  • 帽子のつばは
    野球帽のように前だけとか
    狭いモノではなくて
    「つばは広くて
    360℃全方位にあるモノ」

っという感じで、

「サイズ・素材・色・つば」
というこの4点が
帽子選びのポイントです。

日傘においては
「黒色が良い」と言われていますし、
実際に紫外線もカットするので
日傘は黒が良いのですが、

熱中症対策として
そして帽子に限っていえば

黒は熱がこもる色なので
頭に熱がこもってしまう為
「逆効果」になります。

とにもかくにも

「頭に熱がこもる」のが
かなり危ないので、

そういった事を踏まえれば

色はもちろん
サイズと素材での
「通気性」だったり

熱の遮断を高める
「つばの広さ」だったりも

重要なポイントとなっています。

そしてまた、

特に子供さんには
(楽天市場へ飛びます↓)

こういった

「帽子を水で濡らして
ヒンヤリさせる」事が出来て
紫外線もカットしてくれるという

まさに熱中症対策として
作られている高機能な
帽子が売られていますから

こういう帽子を買う事も
検討してみて下さいね。

しかし、ママさんで
それでも帽子が嫌って場合は
日傘をさすと良いです。

熱中症としてもそうですが、
日傘は紫外線もカットしますから

お肌にとっても良いです。

最後に

「頭に熱がこもる」
これが最も避けるべき事で
一番怖い事でもあります。

頭もとい、脳に直接
影響を及ぼしますからね。

しかしながら、

なんでもかんでも
とにかく帽子を被ればいい
って事でもないので

ちゃんと熱中症対策となる
「サイズ・色・素材・つばの広さ」
この重要なポイントを意識して
帽子を選んでいき、

しっかり備えましょう。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。