今回の内容は、

熱中症を予防する
飲み物の作り方について

いわゆる経口補水液を
自宅で作る場合の分量などを
まとめています。

また、熱中症に良い果物も
調べていますので、

そのフルーツを使って
アレンジしたドリンクを
作ってみても良いですよね。

スポンサードリンク

「ペットボトル症候群」とか
聞いた事があるし・・・

飲み続けるのは
その分がコストがかかるし・・・

みたいな感じで、

市販のドリンクを買って飲めば
それが手っ取り早いのですが、

いろいろ怖い情報がありますよね。

そんな時には
自宅で簡単に出来る飲み物を
作るのがやはり良いのです。

熱中症を予防する飲み物の作り方

まずは動画がありましたので、

1分程度でしたから、
概要を掴む為にも一度ご覧下さい。

っという事で、

<用意する材料とその分量>
「水」1リットル
「塩」小さじ1/2(3g)
「砂糖」大さじ4と1/2(40g)

「味が無理・・・」って場合は

レモン果汁などを入れると
良いと載っていますが、

このドリンクをベースにして、

後ほど紹介する
熱中症予防に有効な果物を入れて
アレンジしていっても
良いと思います。

さて、
上記は1リットル分の
量となっています。

ご家族で飲む場合には
もっと必要かと思いますし、

逆に1杯飲んで出かける
みたいなシチュエーションも
人によってあると思いますので

必要に応じて
作る量も調節して下さい。

こうして作ったドリンクは
作ったその日に飲み切るのが良く、
つまり消費期限が1日ですので。

予防として多めに作って
ドリンクを備えて置く場合には

飲み方として、
一気飲みなんてのは
ご法度ですので、

コップ1杯分程度を
30分に一回と決めるなどして
「定期的にこまめに」
飲んでいくのが有効です。

特に汗をかいている場合には
喉の渇きを感じる前に
飲んで行かなければいけませんので
ご注意ください。

スポンサードリンク

果物でアレンジを

果物には、

熱中症対策に必要な
「水分」と「糖分」が豊富に
含まれているので

栄養素の面からみても
かなり有効な食べ物と言えます。

<熱中症に有効な果物>

  • スイカ
  • メロン
  • キウイフルーツ
  • パイナップル
  • バナナ
  • ライチ
  • パパイヤ
  • マンゴー
  • リンゴ

といったこれらのフルーツが
有効となっています、

そして中でも夏の代表格
「スイカ」は水分が豊富ですから
定番であり王道ですよね。

旬の果物ですし、

そう言った面でも
非常に理にかなっています。

さてさて、
これらの果物と
先ほどの飲み物を組み合わせ

好みの味のドリンクへと
変貌させていく事で

味に飽きずに
摂取して行けると思いますし、
むしろ喜んで飲むように
なるかもしれません。

ミキサーに全ての材料を放り込んで
ゴリゴリやって行くだけの
簡単作業ですし、
ぜひアレンジしてみて下さいね。

ミキサーが面倒だと

潰しやすいスイカかリンゴに
選択肢は狭まりますが。

最後に

なにもスポーツドリンクや
経口補水液でなくても

普段から家庭でも飲む
「ミネラル麦茶」や「牛乳」を
意識的に、効果的に飲む事で、

熱中症予防になるので、

自作ドリンク
果物アレンジドリンクに加え
ミネラル麦茶と牛乳も
取り入れて行って下さい。

また、牛乳なんかは

フルーツと混ぜても
美味しく飲めると思いますから

いろいろ選択肢は広がります。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。