人間だけでは無く、大切なペットも熱中症の危険が及んでいます。そんな中で今回は「犬の熱中症」という事で、症状は下痢や血尿が出るのか?そしままたどう対策すればいいのか?といった事についてまとめています。

スポンサードリンク

犬は汗腺が少なく、そして毛に覆われている為、人間よりも体温調節が苦手です。なのでちゃんと熱中症対策をしてあげないと、ワンちゃんを厳しい環境にさらし、辛い思いをさせてしまうことになります。

【犬の熱中症】症状は下痢や血尿?

そんな犬の熱中症ですが、まずは症状を見ていこうと思います。

    <熱中症の症状>

  • 元気がない
  • 食欲不振
  • 呼吸が荒い
  • ふらふら歩いている
  • 大量のヨダレ
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 目の充血・口の中が赤くなる
  • <重症になると・・>

  • 失神
  • 意識不明
  • けいれん
  • 吐血
  • 血便・血尿

といった症状が犬が熱中症になった場合の症状です。いつも元気なのにぐったりしているとか、呼吸がかなり荒くなっているといった場合には、もう熱中症になっていると思われます。そして吐血や血便などの血が出る症状は確実に危険な状態なのですぐに病院へ行ってください。

スポンサードリンク

対策はどうすればいい?

そんな危険な症状が起きないようにする為にできる対策ですが、まず熱中症になりやすい犬の特徴として「鼻ぺちゃ(短頭)や北欧原産、厚い被毛のある犬種」「肥満の犬、子犬、老犬、持病のある犬」このような犬は熱中症になりやすいので、十分に注意して下さい。

さて、外飼いの場合は、「犬小屋やその周辺に日陰を作る」のが先決で、「よしず」を使ってワンちゃんに直射日光が当たらない環境を整えます。そして意外と見落としがちなのが太陽の移動ですので、よしずを設置する方角にも気を付けて下さいね。そしてまた、風通しの良い所や、地面が土の場所も良いので、地面がコンクリートの場所に犬小屋があるなどの場合は、犬小屋を移動させる事も検討してみて下さい。

室内の場合は、人間がいればエアコンを付けると思いますし大丈夫だと思いますが、お留守番する際には注意が必要です。まず「日当たりの良い方角にある窓は、ブラインドやカーテンを閉めて」日光を遮ります、そして部屋は「風の通りが良いように換気」します。

その他の対策として、「散歩は早朝か日没後」がベスト。日中はもちろんながらNGで、日が沈んでいない夕方でも、まだ地面に熱が残っていますので、散歩する場合は時間帯に気を付けて下さい。

そして、外飼いでも室内でも両方に共通する対策は「十分な水を用意する」事です。冷た過ぎず熱過ぎずのいわゆる常温ぐらいが理想なのですが、それだとすぐにぬるくなってしまうので、こまめに水を用意するか(取り換える)、少し氷をいれて調節します。また、「ペットひんやりマット」という対策グッズもあり、ひんやりしたマットに犬がぺたーっと横たわる事で体温を下げる効果があります。

「冷却タイル」や「ひんやりボード」という名称も使われますので、そういったワードでも検索してみて下さい。電気代もかからない暑さ対策で節電にもつながりますので、検討してみて下さいね。

最後に

犬種にもよりますが、大人よりも子供、子供よりも犬の方が地面に顔が近いため、地面の熱の影響を受けやすくなっていますから、夏の間のお散歩は、時間帯にくれぐれも気を付けて下さいませ。

では、最後までご覧いただきありがとうございました。