人間だけではなく犬や猫といったペットも熱中症になります。その対策として室温はどれぐらいにすればいいのか、そしてまた下痢や嘔吐といった猫が熱中症になった時の症状についてまとめています。

スポンサードリンク

猫も動物ですからね。もともと暑さに強いとはいわれている猫ですがが、それでも体温調節機能はあまりよくなく、夏の暑さに耐えきれずにぐったりして元気がなくなる猫もいます。猫ちゃんを危険な目にあわせないためにも、しっかりと対策していきましょう。

猫の熱中症を防ぐ最適な室温は?

まず熱中症になりやすい猫の特徴としては、「鼻がぺちゃっとしている種類(短頭種)、体の大きい猫、太っている猫、子猫、老猫」といった猫ちゃんがなりやすいので気を付けてください。

そして、室内で飼っている猫の場合は、飼い主が一緒に部屋にいるならまだいいですが、お留守番させる時はやはり注意が必要です。特に防犯の事を考えて部屋を閉め切る時や、室温が40℃を超えると思われる時には冷房を付けて外出しましょう。

その際のエアコンの設定温度ですが、猫の熱中症を防ぐ為に最適な室温は「28℃」だそうです。

ちなみに、扇風機をつけっぱなして行くことはおすすめしません。特に羽があるならつけっぱなしだと巻き込まれる恐れもあって危険なのでやめておきましょう。

その他の注意点としては
「カーテンやブラインドは閉じる(日当たりの良い方角の窓は特に)」「水を十分に用意する」という感じです。また、毛が長い種類の猫ちゃんは、ブラッシングするだけでも毛にある熱を逃がす事ができるそうなので、外出前に余裕があればブラッシングしていくと良いかと思います。

スポンサードリンク

下痢や嘔吐など症状はどんなの?

対策をしているとはいえ、万が一猫さんに異変が起きる場合もあるかもしれませんので、そういった場合でも冷静になれるように症状だけでも知っておくと良いと思います。

    <猫の熱中症症状>

  • 呼吸が荒くなる
  • ぐったりしている
  • よだれを大量に垂らす
  • 目の充血
  • 口の中が赤くなる
  • 嘔吐
  • 下痢
  • ふらつき
  • <さらに進行したら・・・>

  • 全身の痙攣
  • 失神
  • 意識不明
  • 吐血
  • 血便・血尿

このような症状が起こります。また、触った時に体温が熱いと感じたら、熱中症になりかけているそうなので、体温を冷やして対処して下さい。

このような症状を見ない事が一番ですので、十分に注意してください。そして、「ひんやりマット」や「冷却タイル」といったような猫の熱中症対策グッズもありますので、こういったグッズで備える事も検討してみてくださいね。

(楽天市場へ飛びます↓)

最後に

ちまたには「犬猫でも飲める動物用経口補水液」も売られていますから、暑い時期だけでもこういったのを準備しておくと、万が一の場合でも安心かと思います。とはいえ、元気がないと感じるなどで心配になったのであれば、やはり動物病院へ連れていくのが賢明だと思います。

では、最後までご覧いただきありがとうございました。