ニュースやテレビではかなり呼びかけされていますが、それでも場合によっては熱中症を引き起こしてしまう可能性も0%ではありません。今回はいざという時の為の事を調べてみました。

スポンサードリンク

熱中症対策しましょうとか、水分補給をこまめにして、くれぐれも熱中症にはお気を付けくださいとか、天気予報では特にいわれていますが、それでも熱中症になるぐらい、夏の日差しは脅威的なのです。

熱中症の応急処置は基本的には冷やす

熱中症には段階があり、症状によっては木陰で休めば良い程度から、直ちに救急車を呼び、来るまでの間は体を冷やさなければならない場合があります。

熱中症が軽度、中度の場合には、けいれんや手足がつるなどの「熱けいれん」、めまいや頭痛、倦怠感、嘔吐などの「熱失神・熱疲労」、そして重度になると意識不明や、呼びかけに反応しないなどの「熱射病」があります。

このうち、熱けいれん・熱失神・熱疲労の場合は、陰になっている涼しい場所で休ませ、スポーツドリンクなどの水分補給をする事で回復していきます。(それでも回復しない場合は救急車を)

熱射病の場合には、意識がもうろうとしているなど明らかに異変なので、直ちに救急車を呼び、来るまでには体を冷やして待ちます。

熱射病になると体全体が高温になっている場合もあるので、体を冷やすにはまず全身に水をかけるのがもっとも効率的です。そうやって体全体を冷やすようにしてから「首、わきの下、太ももの内側(付け根)」という太い血管が通っている個所を重点的に冷やすと効果的です。

もちろん、熱けいれんや熱失神などの場合でも、首やわきの下などを冷やすとより回復は早くなると思います。

スポンサードリンク

吐き気はドリンクNG?

まず熱射病以外の上記のような症状が出た場合は、食塩水、スポーツドリンク、経口補水液を飲む事で通常は回復していきます。しかし意識があるとはいえ、吐き気があったり、飲んでも嘔吐してしまう場合には、救急車を呼ぶか病院へ連れていく方が良い場合もあります。

まず吐き気の程度にもよりますが、少量ずつなら飲める場合はもちろん飲ませていきます。しかし、水分補給すらままならない程にひどいのであれば、病院で点滴を受ける必要がありますので、救急車を呼ぶか、直ちに病院へ連れていくことをおすすめします。

最後に

夏の間は、のどが渇いてから水分補給していは遅いそうなので、のどの渇きを訴える前に、早めにこまめに少しずつ水分や塩分を補給していくように気を付けてくださいね。そして明らかに変だと感じたら、無理せず救急車を呼び、身体を冷やすように心がけてください。

では、最後までご覧いただきありがとうございました。