暑い環境で過ごしていると引き起こされる熱中症ですが、症状が翌日まで続く時や、次の日に症状が出てくる場合があるのだとか。今回はそういった際の症状などについていろいろまとめてみました。

スポンサードリンク

いやはや、少しは回復した感じでも、思った以上に体にはダメージが残っている的な展開ですよね。くれぐれも無理しないように気を付けてください。

熱中症が次の日に!?

熱中症対策を十分にしないまま、前日に炎天下で過ごし、その日は何もなかったのに次の日になってから体調がおかしくなる場合や、夏という事もあって、外で作業する際にはスポーツドリンクを飲んだり、こまめに休憩したりして十分に気を付けていたという人でも、次の日になってから体調が悪くなる場合があるのだとか。

これは他ならぬ熱中症の可能性もあるので、その日は外出せずに安静に過ごし、水分や塩分、ミネラルを補給しつつ、首の後ろや脇の下などを冷やして、体温を下げていく事で回復していくと思います。

しかし夏風邪という場合もあります。でもでも、身体が不調である事に変わりないですし、熱中症なのか夏風邪なのかがわからない場合には、やはり病院へ行ってお医者さんに診てもらうのが最も確実です。

そしてこのように、熱(夏の暑さ)は思っている以上に体にダメージを与えていますから、特に子供さんを外で遊ばせる時などはしっかりと対策をするようにしてくださいね。

スポンサードリンク

症状は頭痛や発熱?

上記のように熱中症が次の日になってから発症する場合もあり、その際の症状としては頭痛や発熱などが主なようです。しかしもちろんこの症状に限らず、吐き気、全身のだるさ、めまいなどもありますから、明らかに異変を感じた場合は安静にしてください。

また、軽度の熱中症であれば1日で治ることもありますが、前日に熱中症にかかった人でも、翌日以降も熱中症の症状が続く場合もあります。

特に発熱の場合は注意が必要で、風邪のように体がウイルスと戦っている状態の熱ではなく、身体の体温調節機能がおかしくなっているからこその高熱なので、風邪の時の熱とは訳が違います。

身体が熱を下げるすべを失っている状態ですので、首の後ろや脇の下に氷や保冷材を当て、身体を冷やすように心がけてください。間違っても放置する事だけは危険です。場合によっては点滴なども必要になってきますから、ダメージが回復しないときは無理をしないようにしてくださいね。

最後に

熱中症は身体の体温調節がぶっ壊れた状態ですから、大丈夫だろうと油断せず、しっかりと治るまでは安心しないようにした方が賢明だと思います。

では、最後までご覧いただきありがとうございました。