日中の日差しが熱中症を引き起こす原因になるのはもちろんですが、寝ている間に起こる「夜間熱中症」も多いのだとか。今回はそんなときの症状だったり、扇風機やエアコンの使い方などについて書いています。

スポンサードリンク

日中に室内の壁が温められ、日が沈んでも壁に蓄積されていた熱によって室内が高温になります。なのでつまり寝室がへたすると日中よりも熱くなる事がありますから、寝ている時にも熱中症には十分に注意して下さい。

夜間の熱中症症状は発熱?

夜間に熱中症となってしまう原因には、寝ている環境も要因としてはもちろんですが、「かくれ脱水」というのが多いようです。人は寝ている間に汗をかいていますので、その汗によって水分が失われて脱水症状のような感じになり、その結果熱中症を引き起こしていしまうという感じです。

夜にトイレに行きたくないからなどの理由から水分を摂らないようにしている人もいるので特に注意してください。

そして症状として多いのが「頭痛」のようです。他にも吐き気やめまいなどもあります。他にも熱が出る場合があり、微熱ならまだ体を冷やして水分や塩分を摂る事で対処できるレベルですが、38度を超える体温になっている時は病院へいった方が賢明です。

熱中症のよる発熱は、身体がウイルスと戦っているときに出す風邪の熱とは訳が違い、体温の調節機能がぶっ壊れている状態で、つまり熱を下げることができなくなっている状態です。

とはいえ、発熱がある場合は夏風邪の事もあります。しかし前日や夜間に熱中症になりそうな環境で過ごしていたなら、その発熱や頭痛は熱中症による物の可能性も高いので、単なる風邪だと油断せずに十分に気を付けて下さい。

スポンサードリンク

扇風機やエアコンの使い方

夜間熱中症を防ぐポイントは「寝る前の水分補給」「寝室の環境」です。

寝ている間に失われる水分を、寝る前にしっかりとっておく事で睡眠時の脱水症状を防ぎます。コップ1杯以上の少し多めの水分を摂取するように意識してくださいね。そしてまた、夜中にトイレに行くために起きた場合は、トイレにいった後にもちゃんとお茶などを飲むようにしてから再び寝るようにしてください。

そしてわりと重要なのが、「寝る前に身体を冷やす事」です。特にお風呂上りでそのまま寝るのはやめた方が良いみたいです。体温が上がっている状態で寝てしまうと、それだけ汗をかいてしまいますよね。そして普通に過ごしていても夜でも暑い事がありますから、寝る前に首の後ろや脇の下に保冷材などを当てて身体を冷やしてから(より正確にいえば血管を冷やす)寝るようにすれば、体温が低い状態で睡眠に入れるので、汗をかきにくくなります。

そして、最も重要といっても過言ではないのが「寝室の環境」です。寝室が30度以上になるのは絶対に避けたい所です。いわゆる熱帯夜になるのであれば、エアコンを28度に設定して寝る事をおすすめします。電気代が気になるとは思いますが、命には代えられませんからね。

とはいえエアコンの空気を扇風機で上手に回していけば、寝室全体が冷えるので、エアコンも忙しくならないので節電になります。

そして何かと温度だけに注意が行きがちですが、湿度も気を付けないと体温が下がりませんので、温度が25度でも湿度は80%以上になる時は気を付けてください。

まあ冷房をつければ湿度も下がるとは思いますけどね。

最後に

寝る前の水分補給や、エアコンも対策としては重要ですが、普段から食事をしっかりとって「体力をつけておく」事も熱中症予防には大切ですから、普段から健康的に過ごされてくださいね。

では、最後までご覧いただきありがとうございました。