静電気と車

切っては切れない
この組み合わせ。

降りる時も載る時も
特にドアを開ける際には
痛みを伴いますよね。

そんな思いをしない為の

防止対策を
まとめております。

スポンサードリンク

静電気と車

寒くなって
乾燥する季節になると

人間は電気を帯びてしまいます。

普段のメカニズムに関しては
他のページで解説していますので
そちらを参考にしていただき、

ここでは特に
車に絞ったメカニズムを
解説していく訳ですが、

まず運転中

シートに座って
車を運転しているだけで
体とシートがこすれ合うので
その摩擦によって
静電気が発生してしまいます。

いわゆる摩擦帯電です。

そして車を降りる時には
密着していた
体とシートが離れる事によって
静電気が発生します。

いわゆる剥離帯電です。

このようなダブル製法が
車と静電気が切っても切れない
腐れ縁の仲を
形成してしまいました。

後はやはり車のドアを
開ける時ですよね。

歩くだけでも
服同士がこすれ合うので
摩擦によって静電気が発生し、

その生じた電気が
体内にたまっているので

ドアを開ける際には
一気に電気の移動が起きて、
バチっとなります。

やっかいな事この上ない。

スポンサードリンク

防止・対策

という事で、
一通りメカニズムを
ざっくり解説し終えた所で、

原因を知り、対策を知る

みたいな
カッコイイ言い回しで
やって行こうと思います。

さて、

車を降りる際の
防止対策としては

地面に足を付ける前に
車の金属部分
(ドアの縁やボディー面を)
触りながら降りる。

イメージとしては
体内に溜まっている静電気を
車に逃すという感じです。

地面に足を付けてからでは
意味が無いようなので

まず座ったままドアを開け、
金属部分を触りながら
シートと体を離して
降りるようにするとOKです。

そして次に
ドアを開ける時ですが、

ドアに触れる前に
地面に手を触れてから
開けるようにします。

先ほどは車に逃してましたが、

今度の方法も
同じような感じで、

体にたまっている静電気を
地面に逃してからドアを開ける
という感じです。

また、

鍵穴への防止対策としては
車のキーに除電グッズの
キーホルダーを付けておくと
効果抜群みたいです。

その除電グッズの中でも
一番人気なのは

これみたいです↓(楽天へ飛びます)

鍵を束ねるのに便利な
カラビナ形状になっている所が
人気のポイントのようです。

確かに日常的に
取り入れやすいですからね。

他にもグッズはありますが

こういった
車の電気除去グッズは

ここで紹介している
「カーメイト」という
メーカーが作っているモノが
評判がいいようです。

最後に

とにもかくにも

体にたまっている
静電気をいかに逃すか

ここがポイントです。

その場所が
降りる時なら車に逃す
乗る時なら地面に逃す

という感じです。

特に地面に逃す方法は
日常生活でも使える方法なので、

覚えておいた方が
何かと快適に過ごせると
思われます。

触れる物質としては

  • コンクリート
  • レンガ

これらの物質に触れると
体内の電気を逃がしてくれます。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。