インフルエンザの予防接種

「子供は回数は2回」
と言われていますが、
どれぐらいの
間隔を空けるのかとか

大人でも、
接種が有効な時期は
いつなのかとか

いろいろまとめています。

スポンサードリンク

赤ちゃんだったり、
小さい子供が受けるような
予防接種にも
いろいろありますが、

ことインフルエンザに関しては
大人でも受ける事があるので
いろいろな疑問が湧きます。

また、

せっかく受けたなら、
その効果をいかんなく
発揮したいですよね。

よりよい予防ライフの為に
いろいろまとめました。

回数は2回で間隔は?

さてさて、

予防接種は大人であれば、
2回受ける事も出来ますが、
基本的には1回でも良いようです。

そして、

回数が2回必要なのは
生後6か月以上12歳まで
(13歳未満)です。

そして、

1回目を受けた後の、
2回目接種のより良いタイミグ

つまり最適な間隔は
1回目接種後から4週間で受けると
効果が高いそうです。

しかしこれはあくまで
一般的な話なので、

2回目のタイミングは
お医者さんと一緒に決めれば、
より効果を得られると思います。

ちなみに、

病院のワクチン在庫数によって
最適な間隔を開けて
予約ができない場合があったり、

あるいはもうワクチンが無くなり、

2回目が受けられないという事も
あるかもしれませんが、

年齢が3歳以上なら
1回接種しただけでも
大丈夫な事が多いようです。

しかし

3歳未満の場合は
2回した方がいいので、

1回目接種からの間隔が
4週間を過ぎてしまったとしても、
他の病院などに電話して
接種を受けるようにした方が良いです。

スポンサードリンク

有効な時期はいつ?

”予防”接種なので
インフルエンザの流行が
ピークを迎えるまでに

免疫を獲得してないと
あまり効果がありませんよね。

そんな免疫が出来るのが、

インフルエンザの
予防接種を受けてから
大体2週間ぐらいだそうで、

その効果が持続する期間は
3ヶ月~5ヶ月ほど

そして例年

インフルエンザは
12月~3月ごろに
流行のピークを迎えるので、

つまり12月までに
免疫が出来ている状態が
最も望ましいという事になります。

そんなこんなで、

予防接種を受ける
有効な時期はいつかというと

1回接種の場合は
「11月中旬~12月上旬頃」

2回接種の場合は
「11月中に1回
それから4週間開けて
12月中に1回」

このタイミングで受けるのが
最も有効的だと思います。

つまるところ、

12月になるまでには
接種しておいた方が良いと
言える感じですよね。

しかしまた、

この時期に受ける人も多いので
予約困難な状況も
もちろん想定出来ます。

なので、

予約は早めにしておいた方が
良いと思われます。

最後に

って事で、
インフルエンザの予防接種の
回数を2回受ける時の
最適な間隔だったり、

いつ受けるのが有効的なのか

といった事について
まとめまいりました。

ないていいますか、

てやんでえ!
いつなんて気にせず、
早ければ早い方が良いに
決まってらぁ!

って事でも無いのですね。

「鉄は熱いうちに打て」という
ことわざがありますが、

今回に限っては

「急いては事をし損じる」
といった所でしょうか。

でも予約は早い方がいいです。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。