インフルエンザ予防接種は

お腹に赤ちゃんがいる
妊婦さんだったり

現在は授乳中で
母乳を飲ませている
ママさんが受けたとしても

子供への影響はないのか?
大丈夫なのか?

という事をまとめています。

スポンサードリンク

予防接種のみならず、

普段なら
普通に飲むような薬だとか

その一つ一つが

まだ小さい赤ちゃんや
胎児がいると
気になりますよね。

妊婦が予防接種、胎児に影響は?

まずはまだお腹の中に
子供がいる状態の
妊婦さんと予防接種について
書いて行きますが、

結論からいうと
妊婦が予防接種を受けても
特に問題はありません。

しかし!

「絶対に安全」
とも言い切れないようで、

妊婦さん自身(母体)へも
胎児へ影響も「極めて低い」
とされています。

とはいっても

過去に予防接種を受けた
妊婦の子供が
障害を持って生まれてきたとか

そういったケースは
無いようです。

なので、
妊婦さんが希望した場合は
予防接種を受けても良い事には
なっています。

が、

医師によっては
予防接種を受けさせない人も
いるようですので、

受けるかどうかの判断は

最終的には
お医者さんと相談して
決めた方が良いと思います。

スポンサードリンク

授乳中、母乳は大丈夫?

そしてお次は
まだ母乳を飲んでいるような
小さな赤ちゃんがいる場合

つまり授乳中の人は
予防接種を受けても大丈夫なのか?

っという事ですが、

結論からいいますと、
授乳中の人が
予防接種を受けても問題はなく、
母乳にも影響はありません。

つまり、

ワクチンが母乳を介して
赤ちゃんに何か作用するだとか
そういった事はなく、

授乳中の方でも
予防接種を受けても大丈夫です。

まあ逆に言えば

母親が受けたからといって
赤ちゃんの抵抗力といいますか
免疫力は変わりません。

しかしこちらも
妊婦さんの時と同様に

医師によっては
接種を見送る人もいるので
一度相談した方が良いと思います。

最後に

って事で、
妊婦さんと胎児
授乳中の人と赤ちゃん

こういった方々と
予防接種の関係について

書いてまいりましたが、

インフルエンザワクチンは
「不活化ワクチン」なるモノを
使用しているので、毒性は無く

つまり胎児にも母乳にも

もちろん母体にも
影響はございません。

なので、
どちらの人にとっても
予防接種を受けても
特に問題はなさそうですよね。

とはいっても

予防接種を受けようと思う人で
このような状況の人は

独断ではなく、
定期的に通っている医院の
お医者さんに
一度相談してみたほうが
良いと思いますし、

やはり医師と相談したうえで
判断するのが一番安心ですよね。

ですがまあ、

予防接種をしたからといって
絶対にインフルエンザにならない

って事でも無く

そしてまた、
インフルエンザは
感染力が非常に強いので

ついつい赤ちゃん側の
事だけを考えてしまいますが、

その周りにいる
育てている大人達が
まずは自分達が感染しないように

しっかりと予防対策する事を
優先すべき事だと思います。

母乳には
免疫力を高める成分が
含まれているので

赤ちゃんは意外と
病気に強いみたいです。

なのでくれぐれも

まずは大人が
感染しないように
気を付けてもらいたいと
僕は思いました。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。