インフルエンザの
予防接種を受けたにも関わらず、

発症してしまう人もいて、

「効果が無い」だとか
「意味なし」だとか

いろいろ言われていますが、

それらに関する事を
今回は取り上げてみました。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種は
実は前々から、
肯定派と否定派に分れています。

なので僕も双方の主張を
読んでみましたが、

否定派は
デメリットを強調していて
肯定派は
メリットを強調している、

という感じでした。

まあ何事にも、
良い面と悪い面があります。

が、

いろいろ情報を踏まえると
僕の意見(感想)として
どちらかと言えば
肯定派になりました。

しかし副作用のリスクは
どうしてもあるので、

受ける場合は
医師としっかり相談してから
接種する事を強くおすすめします。

予防接種は意味や効果なし?

さてさて、
否定派と肯定派の意見を
ならべく交えながら行きますが、

まず否定派の人は
「効果が無い、
意味も無いのになぜ打つのか?
副作用のリスクが怖い。」
といっています。

ワクチンが出て来た頃は

小学校ではインフルエンザの
集団予防接種が
行われていたそうですが、

効果が無いので廃止になった。
と言うデータがあります。

また、副作用の
危険性を訴えています。

しかし一方で、

肯定派の人は
「発症や重症化(肺炎になるなど)を
抑える効果が明らかにある」
というデータを引用していました。

小学校のクラスで
予防接種をしたグループと
しなかったグループでは

したグループの方が
インフルエンザに罹った
人数が減っています。

また、老人施設では
接種したグループの方が
肺炎などに発展した人の割合を
抑えています。

こういったデータを踏まえれば

インフルエンザ予防接種の
意味はありますし、
効果も期待出来ますよね。

しかしここで
勘違いして欲しくないのは

予防接種をしても
罹っている人がいる
という事実です。

なので
「ワクチンは完璧ではない」
という事は

念頭に置いておいた方が
いいですよね。

スポンサードリンク

インフルエンザが発症したケースも

とどのつまり、
インフルエンザ予防接種は
決して完全なものではありません。

といいますのも、

毎年作られるワクチンは
その年に流行するであろう
インフルエンザの型を予測して
作られていて、

その予測が外れたら
やはり効果がないそうです。

また、

インフルエンザウイルスは
非常に変異しやすい
という特徴を持っているので

的確に予測する事は
より難しそうです。

つまり以上の事を踏まえた場合

予測が外れていたら、
もちろん意味はありませんし
効果も期待できないので
インフルエンザを
発症してしまいます。

しかし
年々予測の精度は
上がっているそうです。

でも否定派的には

ワクチンで作られた抗体よりも
自然に感染して
作られた抗体の方が強い
と言っています。

しかしこれもまた

違う型に感染した場合
作られた抗体も
意味は成しません。

もう何が何だか(+_+)

最後に

素人の意見ですが、
するに越した事は無いと
僕は思っています。

しかし、

否定派が主張しているように、
副作用が怖い人はやはり
しない方がいいと思いますし、

罹ったとしても
一週間ほどで治るので、

結局は個人の自由だ。

という元も子も無い結論に
達しました・・・

まあとにもかくにも

”予防”接種という名称がゆえに、
起こってしまう勘違いが
意味や効果無しと言われる

直接的な原因なのかなと
僕は思いました。

インフルエンザそのものを
完璧に予防できる
って訳ではないので、

「受けたから絶対に感染しない」
という過度な期待は
しないようにしていれば

ある種の誤解も
しなくていいと思います。

しかし異物を体内に入れるので
もちろん危険性(リスク)は
少なからずあります。

なので予防接種を受ける際には

お医者さんと
しっかり相談して、
納得した上でする事を
強くお勧めします。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。