インフルエンザの
予防接種をした際に、

後に発熱や頭痛といった
副反応の症状が現れる人が
一定数いるようです。

そういった、

副作用的な事について
まとめています。

スポンサードリンク

予防接種をしたにも関わらず、
風邪っぽい症状が・・・

これはもしや
インフルエンザに
なってしまったのかと

落胆する人も
おられるかもしれません。

しかし、

それはもしかすると
軽度な副反応による症状なだけ
っていう可能性もあります。

後に発熱や頭痛も?

前提として、

予防接種には、不活性ワクチン
(毒性をなくした無害なウイルス)を
使っているので、

接種を受けた事によって
インフルエンザが発症する事は
まずありません。

という事をまずは踏まえつつ、
本題に入ります。

さて、

注射によって体内に入ってきた
不活性ワクチンに対し、

体の免疫が反応して、
インフルエンザの抗体が作られる
というのが通常の反応です。

しかし、

10人受けると、
1人か2人ぐらいの割合で

免疫反応とは違う別の反応

つまり副反応(副作用)が
起こる人がいるようです。

その副反応が
全身にあられた場合に、

予防接種後に
発熱や頭痛といった症状が
出る人もいるようです。

しかし

こういった副作用が出ても
通常なら2、3日で治るので、
特に心配は無いようです。

そして副反応は、

頭痛や発熱といった
これらの症状の他にも、

めまい、体のだるさ(倦怠感)
嘔吐、下痢、悪寒
などなどの風邪っぽい症状や

じんましんや湿疹が現れます。

スポンサードリンク

他の副作用(副反応)

上記の他にも

全身ではなく、
予防接種した所に
起こる副反応として、

注射した箇所が
腫れる、赤くなる、
痛くなる、痒くなる

といった事があるようです。

でも、

こういった症状が出ても、
先ほどの場合と同様に
通常なら2、3日で治ります。

つまり軽度のモノなら

3日もすれば治る事が
ほとんどなのです。

しかし!

注射部分だけでなく、
あまりにも腫れが大きい時は
(肘までなど広範囲の場合は)

アレルギーの
過剰反応による副作用
「アナフィラキシー」の
可能性があります。

またこのほかにも

重度の副作用として、
全身が麻痺する
「ギランバレー症候群」
があります。

とはいっても

こういったのは
非常に稀なケースです。

予防接種を受ける前の
注意をよく確認し、
お医者さんと相談していれば
防げることがほとんどですので、

そこまでナイーブに
なる必要は無いと思います。

最後に

このような副反応(副作用)が
特に現れるのは
接種後30分以内だそうです。

なので、

インフルエンザの
予防接種をした後は、
すぐに外出したりせずに、

最低でも30分は

自宅で待機したり、
注射を受けた
医院の近くにいるなど、

何か異変があった場合

すぐに連絡が取れる状況に
しておく事をおすすめします。

それにしても、

頭痛や発熱とか
副作用なのかただの風邪なのか、
判断に困りますよね(苦笑)

まあどちらにしても、

軽い風邪だと思えば
たいした事はありませんが。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。