インフルエンザの
予防接種の影響によって

喉が痛くなったり、
咳や鼻水が出たりなどの症状
副作用がある事だとか、

また、接種当日に

風邪気味な場合には
止めておくべきなのかどうかも
まとめています。

スポンサードリンク

今回は、
インフルエンザの
予防接種と風邪に関して

接種当日に
風邪を引いている場合から、

健康な状態で受けたのに、
接種後に風邪っぽくなった
といった感じの事まで、

もろもろまとめています。

予防接種による咳や鼻水、喉の痛み

まずは予防接種した後の
話題についてですが、

インフルエンザの予防接種は
10人受けた場合に
1人か2人ぐらいの割合で、

つまり一定数の人には

副作用(副反応)の症状が
起こる人がいるようです。

その症状と言うのが
微熱や、咳、鼻水が出てきたり、
喉が痛むなどなど、
風邪っぽい感じの症状が
出てしまいます。

しかしこれらは
軽度の副反応なので、
2、3日程度で
治る事がほとんどなので、

安心して大丈夫だと思います。

しかし、
やはり心配な人は

予防接種を受けた医院で
咳や鼻水が出てきて、
風邪っぽい症状になった

という感じで
診てもらうといいと思います。

またこの他にも

注射部位が赤くなったり、
腫れてきたり、
かゆくなるなどの
副反応が出る事があります。

スポンサードリンク

風邪気味だと止めた方が良い?

ではお次は
予防接種する前段階の
注意的な事ですが、

結論から言うと、
「風邪気味」の程度にも
よるのですが、
少々の風邪程度であれば
大丈夫なようです。

しかし!

熱がある場合(37.5℃以上)や
予防注射に行くのが
おっくうなほどしんどい

というような
あきらかに体調不良な場合は
止めておくべきです。

毒性を無くしたモノを
体内に注入するので
予防接種が原因となり、
インフルエンザになる事は
まず無いのですが、

せっかく予約したから
みたいな感じで、

医師に嘘をついてまで
受けるような事は
やはり避けた方が良いです。

当日になって
体調が悪くなった場合は

お医者さんにちゃんと
「風邪気味です」
という事を報告して

受けられるかどうかを

判断してもらった方が
やはり確実だと思います。

ちなみに、

少々の風邪気味でも
発熱のある場合が
一番アウトなようです。

少しの鼻水や咳、ちょっと喉が痛い
という場合でも熱が無ければ、

接種する事の方が多いみたいです。

最後に

「体調不良=免疫力が低下している」
という事なので、

そのように
身体の免疫力が弱っている状態で
予防接種をしたとしても

抗体ができにくいのだとかで
効果が低いそうです。

つまり体調が良くないのに、
インフルエンザの予防接種をしても
本来なら得られたはずの
効果が得られずに、

あまり意味の無い事に
なってしまうという展開。

なので、

得られる効果の面からみても
体調万全な状態で
接種した方が良いですよね。

予約をした人であれば、

当日に合わせて、
体調を整えておくような
生活を心掛けると良いと思います。

まあ健康な状態を保つのは
予防接種うんぬん、

常に心がけて欲しいと
思いますが(^_^)/

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。