インフルエンザ予防接種で
よく聞くのは
「不活化ワクチン」ですが、

その他にも
「生ワクチン」もあるようで、

この2つの
特徴や違いを
まめとめてみました。

スポンサードリンク

予防接種にも、
種類があるのですね。

「注射する」
というイメージが
大半だと思いますが、

生ワクチンの方は
針で入れるタイプでは無く、

鼻にスプレーするタイプ。

でもでも、
もちろんながら、
メリット・デメリットの
両方が存在しています。

予防接種は基本不活化ワクチン

インフルエンザ予防接種は
大半の人が
イメージしている通り、

基本的には注射です。

そしてその注射の中身は
「不活化ワクチン」

病気の原因となるモノから
免疫をつけるのに
必要な成分を取り出して
ワクチン化したもので

端的に言えば、

インフルエンザウイルスの
毒性を無くしたモノを
体内に投与するのが
インフルエンザの予防接種です。

そして、

「不活化ワクチン」の
メリットとデメリットですが、

表裏一体という感じで、

注射をしても
「不活化」の通り、
体内では増殖しないので

接種が原因で
インフルエンザに罹る
って事がありません。
(メリット)

しかし、毒性が無い分

十分な免疫を付ける為に、
複数接種する必要があります。
(デメリット)

また、

インフルエンザの
「感染」自体を防ぐ効果は低く
変異したような新型には弱いです。
(デメリット)

しかし、発症した場合に

症状を軽くしたり、
重症化のリスクを下げたり
という効果が期待出来ます。
(メリット)

そして

不活化ワクチン
最大のメリットは
「安全」という事です。

生後6ヶ月から接種可能で
妊婦や授乳中の人でも大丈夫です。

スポンサードリンク

他にも生ワクチンがある

さてさて、

ポピュラーといいますか、
大抵どこの医院でも
受けられる不活化ワクチン

この他にも
インフルエンザ予防接種には
経鼻接種による
インフルエンザ生ワクチンこと、

「フルミスト」
というのがあるようです。

まず生ワクチンというは

毒性を弱めた
生きたウイルスを接種し、
体内で増殖させて
身体の免疫を高めていく方法です。

そして生ワクチンの
メリット・デメリットですが、

メリットとしては

「経鼻接種」とあるように、
鼻の粘膜に直接
生ワクチンをスプレーするので

注射が苦手な人でも大丈夫。

また、接種回数が一回で済み、
本当に病気にかかった時と
同じぐらいの抵抗力がついて、

そして感染自体を防ぐので
変異したような、
新型にも対応出来ます。

とどのつまり、

不活化ワクチンよりも
生ワクチンの方が
「強力」って事ですかね。

しかし!

デメリットとしては

その強力さゆえか、

接種出来る年齢が「2~49歳」
つまり2歳未満と50歳以上の方は
接種を受けられません。

また、妊婦さんもダメです。
(授乳中の人は問題ない
とはされています。)

そしてなんといっても

日本ではまだ
「非承認」な予防接種
という点です。

アメリカからの
輸入ワクチンによって
日本国内でも
受けられはするものの

生ワクチンの接種よって
重大な事態になっても
(重い副作用が出ても)
国は保障しません。

また、接種した医院も
責任は取れません
としている所が多いです。

とどのつまり、

何かあっても自己責任ですよ
って事ですね。

まあこう書いてしまうと
怖い怖いと
なってしまいますが、

受ける前に
医師としっかり相談すれば
最悪の事態になってしまう可能性は
低くする事が出来ると思います。

最後に

予防効果の面からみれば
生ワクチンの方が
断然良いって感じですが、

極論で言えば
諸刃の剣って感じ。

まあ

不活化ワクチンでも
副反応はあるので、

そう言う点では
さほど変わらないかも
しれませんが、

とにもかくにも

医師と相談して、
少しでも不安を取り除き、
それぞれのメリットと
デメリットをよく考慮してから

予防接種する事を
僕は強くお勧めします。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。