インフルエンザは
目からも感染するらしいだとか
目が痛い症状が出るだとか

そんな事を小耳に挟みまして、

いろいろ目関係の話題を
まとめてみました。

スポンサードリンク

目から何かが入るなんて
あまり想像できませんでしたが、

よくよく考えると、
目薬とかコンタクトとか
入れてるよなー

っと思い、

そう思ったら、
小さいウイルスなんて
簡単に侵入出来るよなー
という結論に至った次第です。

インフルエンザは目からも感染?

ウイルスや菌などが
体内に入ってくるといえば
鼻から、喉から
ってのがまず浮かびますよね。

でもでも、

結論からいうと
インフルエンザは
目からも感染します。

目にも、鼻や喉と同様に
粘膜がありますので、

侵入経路となりえます。

そしてまた、
インフルエンザの感染経路として
「飛沫・接触・空気」と
3パターンありますが、

このうち、

くしゃみによって
飛んできた液が目に直接入る
(飛沫感染)

ウイルスに汚染された手で
目を擦る(接触感染)

といった
経路(パターン)が
考えられますので、

やはり目からの感染も
十分あり得ます。

しかし、
鼻や喉よりも頻度は低いと
考えられているそうです。

まあでも、
外出した時には、

むやみに目だったり、
鼻や口を触る事を避けるのが
やはり懸命だと思います。

スポンサードリンク

目が痛い症状もでる?

ではお次は
発症した時の場合的な
話題となって来ていますが、

インフルエンザの場合に
表れる症状として

  • 目の充血
  • 目が痛い

といった症状が
出る人もいるようです。

特に目が痛い場合は

頭痛の延長みたいな感じでも無く
確かに目が痛い(目の奥が痛い)
といった感じのようです。

また、
インフルエンザ特有の
全身のだるさ(筋肉痛)が

目の筋肉にも表れている
とも考えられ、

身体や関節の痛みに加え、
頭やら目やらも痛くて
もう大変なのだとか・・・

本当に恐ろしい

ちなみに、

涙が出たり、涙目になるのは
インフルエンザではなく
単なる風邪の場合が多いそうです。

なので、

インフルエンザと風邪を
見分ける判断材料という意味では

目は結構ポイントになります。

とはいっても
検査してしまう事が
やはり確実ですけどね。

最後に

って事で
インフルエンザと目に関して
いろいろ書いてきましたが、

なんでも「インフルエンザ顔」
ってのがあるそうなのです。

正式には
「インフルエンザ顔貌(かおぼう)」
と言うそうで、

  • 赤い目(充血)
  • 赤い頬(紅潮したほっぺた)
  • 唇が乾燥している

などのポイントがあり、

全体的に言えば、
「赤くむくんだような顔」が
インフルエンザ顔なのだとか。

なので、
お医者さんによっては

パッと顔を見ただけで
インフルエンザかどうかが
すぐに判るようです。
(もちろん外れる時もあるそうです)

凄いですよね。

しかし、
医学の知識も経験も
全く何もない素人でも、

これらのポイントを抑え、

顔を見てみると、
風邪かインフルエンザかを
ざっくりではありますが、
判断する事が出来るので

「インフルエンザ顔」を

ぜひとも参考にして
チェックしてみてください。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。