インフルエンザには
低体温の人だとか
便秘の人がなりやすいとの

噂を小耳に挟みまして、

いろいろ調べて
まとめてまいりました。

スポンサードリンク

普段から体温が低い人や、
スッキリどっさり出ない人は

その時点ですでに
健全な状態ではなくて、
病気という事ですからね。

ゆえに、

何かと病気になりやすい要素を
すでに持ってしまっている
と言っても
過言では無いと思われます。

っと少し怖い事を
言ってしまいましたが、

やはり健康な人に比べると
いろいろな病気の
リスクが高いそうです。

インフルエンザと便秘

まずは
スッキリどっさりと
出ない人と

インフルエンザについてですが、

やはり便秘の人は
それが原因となって
インフルエンザに
罹りやすいそうです。

腸内には、
免疫細胞であるリンパ球の
約60%があるそうで、

「便秘」の状態というのは
「腸内環境が悪い」という事です。

つまり、

腸内環境が悪い
=免疫力が低下している

という事になり、

インフルエンザなどの
ウイルスをやっつける
細胞が弱くなっている状態なので

罹りやすいのだとか・・・

改善方法としては
まず腸内環境を整える為に

ヨーグルトなどを食べて
善玉菌を増やす事

そしてまた、
食物繊維を摂って
スッキリ出す事です。

とはいっても

そういった事をやってきたけど
なかなか成果が出ない人も
もちろんいると思います。

そこで、便秘解消に
お勧めなのはこちらです!
(通販っぽい”笑)

即効性などもそうですが、
何と言っても「特定保健用食品」

いわゆる「トクホ」ですからね。

気になった方は
お試ししてみてください。

インフルエンザと低体温

ではお次は
普段から体温が低い人と
インフルエンザの関係ですが、

低体温(冷え性)の人も
やはりインフルエンザには
罹りやすいようです。

低体温や冷え症の人

つまり常に身体が
冷えているような状態の人は

普通の人よりも
免疫力が低下している状態
だと言えるそうで、

体温が1度下がると
免疫力が30%下がる

というデータもあります。

なので、

常に免疫力が弱い状態となり、
体内に侵入してきたウイルスを
やっつける力が弱いため、

インフルエンザに
なってしまいやすいようです。

対策としては
朝食をしっかり食べる事、

また、腹巻きなどを着用し、
特にお腹や腰を温めると
全身の血行が良くなるそうです。

また、食べ物としては
やはりショウガが定番で
なおかつ王道です。

紅茶やお茶にショウガ入れて、
飲む事がおすすめです。

こういった対策であれば

今日からでもすぐに
取り入れる事が出来ますからね。

まあでも、

上記のような体内からの対策は
「冷え」という、体質そのものを
改善しようとする事なので

どうしても時間がかかります。

「体質改善」という点でみれば
長いスパンで考え、
地道にやっていく必要があるので、

なかなか根気のいる事です。

そこで、
こういった布団などで、
体外的にも温かい生活を維持しながら
体内を改善していく

といった方法もありだと
僕は思います。

おすすめの布団↓

正直言って高いですが(笑)

でもいわゆる
「安物買いの銭失い」みたいな

「効果抜群!」
みたいなサプリを
定期購入して飲み続けるよりも、

こういったモノを一回買った方が
確実に温かいですし、
結果的に安くつく
何てこともありますからね。

インフルエンザ対策として
やってみるのも
ありだと思います。

最後に

という事で

インフルエンザと
便秘や低体温(冷え性)の
関係について

いろいろ書いてきました。

いつのまにやら
ジャパネットみたいな
展開になってしまいましたが(笑)

でもでも

便秘にしても低体温にしても
改善せずにそのまま生き続ける
っていう事は

インフルエンザのみならず、
様々な病気のリスクが
つきまとってしまいますからね。

出来る事からやっていくとか

とにかく改善の為に、
今からでも何か行動を起こす事を
おすすめします。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。