インフルエンザの
潜伏期間の事について、

感染した時から、
他人にうつるのか?

a型とb型で症状は違うのか?

検査はできるのか?

などなどについて、
まとめています。

スポンサードリンク

今回は
ウイルスが体内で着々と
増殖している期間

いわゆる
「潜伏期間」について

いろいろと書いています。

潜伏期間でも他人に感染させる?

ではでは、
インフルエンザが
体内で増殖している間ですら

他人にうつる可能性は
あるのかどうかという事ですが、

結論から言いますと、
インフルエンザの潜伏期間中でも
他人に感染させてしまいます。

つまり「他人にうつる。」と
そういう展開です。

感染した時点で
既に体はウイルスを
保有している状態

なので、

その間に出た、
くしゃみや咳にも
ウイルスは含まれてしまいます。

とはいっても

発症前(潜伏期間中)の
インフルエンザは
まだ感染力が低いそうなので

他人にうつるとはいっても、

そこまで気にする事も
無いかもしれません。

a型b型や症状の違い

そしてお次は
A型とB型の違いを
書いてまいります。

まず、

インフルエンザA型の潜伏期間は
大体「12時間~48時間」で
平均的には1日~2日で発症します。

そして、

初期症状としては、
「悪寒」や「頭痛」を
感じる人が多いようです。

そうこうしている内に、

38度以上の高熱や
全身の痛みなど
急激に強い症状が
表れてくるようです。

インフルエンザB型の潜伏期間は
「1~3日」

A型に比べると少し長いです。

初期症状としては、
「悪寒」や「倦怠感」など、
正直言って
A型とほぼ変わりません。

まあでも、

毎年流行するのは
A型が多いので、

まずはA型だと
疑ってかかるのが
いいのかもしれません。

スポンサードリンク

検査はできる?

さてさて、
もうさっそくいきますが、

検査自体は出来ます。

迅速検査キットなるモノを使い、
検査自体は15分ほどと
早く結果もわかりますが、

「潜伏期間中」に
検査をする意味は
ぶっちゃけありません。

検査した時の
体内にいるウイルス量で
結果が決まるので、

まだ感染して間もなく、
発症してもいない潜伏期間中に
インフルエンザの検査をしたとしても
判断を誤る事が多いそうです。

そしてまた、

インフルエンザが疑われるような
症状が出てない時に検査をしても、
「保険適用外」だそうです。

保険適用外の金額をかけてまで
潜伏期間中に検査をし、
その結果は「陰性」だった。

しかしその検査をした後に、

そこからもっと
体内でウイルスが増殖し
インフルエンザが発症してしまう
何てことも当然あるそうです。

なので

インフルエンザかどうかを
検査するのは

急に高熱が出たなどの

インフルエンザが疑われる
症状が出てからでないと

意味がないと思います。

最後に

感染した時、
はたまた潜伏期間中
僕らはインフルエンザに
気付きたい。

だけど気付けない。

そんなすれ違いが
幼馴染同士の
ラブコメ漫画みたいな展開

そんな関係性になっていますが、

感染自体を防ぐ事は
なかなか難しい事だと
僕は思いますので、

やはり体内での増殖を
抑える為に、

心身共に、常に健康な状態を
保っておく事が
一番大事かなと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。