インフルエンザの人と
同じ空間で過ごしたなどで、

自分もすでに感染し、
インフルエンザの潜伏期だと
思われる場合、
前兆はあるのかどうか?

また、

予防投与でも飲める
「タミフル」という薬について
少しまとめています。

スポンサードリンク

親や子供、祖父母など
同居している家族が
インフルエンザになった時や、

あるいは友達や恋人、
親戚の家に泊まりに行って
その翌日にその人が
インフルエンザ発症したみたいな、

自分はもう、ほぼほぼ
感染してるだろうと思われ、

そしてそんな事を考えているような
今現在も体内で増殖中っぽい
いわゆる「潜伏期」

この期間に

タミフルでの予防効果だったり、
あるいは症状の前兆だったり

という事についてまとめています。

潜伏期のタミフルは予防効果あり?

「タミフル」は
直接症状に作用する
という薬ではありませんが、

体内でのウイルス増殖を
抑えてくれる薬で

熱が早く下がったり、
全身の倦怠感などの症状を
比較的軽くするなどで

回復が早くなり、

また、増殖を抑えるので
重症化を抑える効果も
期待されています。

さて、

そんなタミフルですが、
潜伏期に飲んでも効果はあります。

しかし上記の通り、

ウイルスそのものを
やっつける薬ではなく
あくまで増殖を抑える働きです。

なので、つまる所、

発症の予防という意味では
100%では無いと思います。
がしかし、少なくとも症状は
軽くすむと考えられます。

また、「重症化の予防」
という意味では
高い効果が期待出来ます。

まあでも

「予防投与」として
病院でタミフルを
処方してもらえるのは

原則として、

発症した人と同居している
65歳以上の高齢者、
心肺に疾患のある人、
糖尿病や肝機能障害の人など、

インフルエンザ重症化の
リスクが高いとされる人が
優先的に処方してもらえるので

薬の在庫状況にもよりますが、

上記の条件に当てはまらない人は
予防投与としてのタミフルは
処方してもらえない事もあります。

また、

タミフルの予防投与の場合に
保険は適用されず、
全額自己負担となります。
(費用は大体1万円ぐらい)

発症した患者への治療として
タミフルを処方する時は
保険が適用されますが

予防としての処方は
保険適用されないようです。

スポンサードリンク

ちなみに、

処方されるのは
1週間~10日程度で
10日以上飲み続ける事は
出来ないそうです。

なので、

流行シーズン中ずっと
予防としてタミフルを飲み続ける
というような事は出来ません。

冬の流行シーズン中を通しての
予防・対策はやはり

予防接種だと思います。

潜伏期間の前兆は?

さてさて、
潜伏期間というのは
体内で増殖している時であって

発症には至っておらず、
まだ症状は表れていない期間

なので前兆が表れた時点で

それはもう潜伏期間を過ぎた
発症の段階となってしまいますが、

まあ前兆といいますか
「初期症状」という意味では
「悪寒(ものすごい寒気)」を
挙げている人が多いです。

経験者さんのブログなんかを
いろいろ見て回ると

「凄い寒気がした後に
急な高熱が出た」
っと言っている方が多いです。

なので

流行シーズンに
もの凄い寒気がした時は
「インフルエンザの前兆」と
考えても良いかもしれません。

とはいっても

やはり人によって
症状はまちまちですから、

喉が痛いとか
鼻水が出てきたなども
前兆かもしれません。

まあとにもかくにも
調子がおかしいと思ったら、

時期的な事も考慮して
すぐにゆっくり休む事を
お勧めします。

最後に

っという事で

潜伏期における
タミフルの予防効果だったり、
前兆(初期症状)について
いろいろ書いてきました。

その感染力がゆえに

やはり普段から
気を付けるに越した事は
無いと思いますが、

少しでも体の異変を感じたら

まずは家で温かくして
ゆっくり休む事をおすすめします。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。