冬に流行するイメージが強い
インフルエンザ

しかし時期的には、
暑い夏にも
感染するとかしないとか。

そんなこんなで

症状に違いがあるのかなどなど
いろいろまとめてみました。

スポンサードリンク

インフルエンザウィルスは、
低い気温と乾燥した空気
という環境で
一番活き活きするようで、

寒い季節の冬は
まさに生息にうってつけ。

なので、
インフルエンザは冬に流行し、
そのイメージが定着しています。

しかし!

夏だったとしても
インフルエンザに感染する
という意外な話。

インフルエンザは夏にも?

日本では主に
冬の間だけ流行する事もあり

「インフルエンザ
=季節性インフルエンザ」
という事を指しますが、

世界的に見れば、
冬だけでなく夏も含めて
一年中罹る病気として
認知されています。

亜熱帯や熱帯にある国でも
インフルエンザに罹りますし、

また、日本国内でも

温暖な地域である沖縄で
暑い時期になってから流行し
学級閉鎖になった事も
あったそうです。

なんでも、

夏でもインフルエンザに
なってしまう原因には
「変異しやすい」という特徴が
原因といわれています。

インフルエンザは
非常に変異しやすいので

夏の環境に適応(対応して)
変化したインフルエンザウイルスが
人間の体内に入って
高熱などの症状を引き起こすと
考えられています。

スポンサードリンク

症状に特徴はある?

先ほど言ったように
「夏という環境に適応した
インフルエンザウイルス」
っと聞くと、

バージョンアップして
より強力になったイメージを
持ってしまいますが、

夏になったとしても、

症状としては
冬に流行するインフルエンザと
同じという認識でOKみたいです。

なので

夏のインフルエンザの
主な症状としては

  • 悪寒(強い寒気)
  • 38度以上の高熱
  • 全身の関節痛・筋肉痛
  • だるさ、倦怠感

といった感じで、
代表的な症状はかわりません。

しかし、

強いて違いを言うなら、
夏の方が、下痢や嘔吐の症状が
出やすいと言われています。

そしてですね、

一番気を付けたいのが
「夏風邪だ」と
勘違いしてしまうパターンです。

夏にインフルエンザなんて
罹る訳が無いと

どうしても思ってしまうので、

夏風邪だと思って油断すると
とんでもない事態に
なってしまうケースもあるので

特に、

悪寒
38度以上の高熱
全身の関節痛・筋肉痛

などといった症状が一気に、
突然起った場合は

早く病院や診療所へ行き
お医者さんに診てもらう事を
強くお勧めします。

そして夏とはいえ、

その感染力は健在なので
周りも方も含め、
十分に注意して下さい。

最後に

っと言う事で
冬の寒い時期に流行する
イメージが強い
インフルさん家のエンザさんは

夏にもかかってしまう可能性が
十分にある事は解ったと思います。

まあでも、

日本人観光客が
ウイルスを持ち込んで
現地で流行ってしまうパターンや

逆に、

外国人観光客が
日本に持ち込んで
流行してしまうパターンも
当然あるそうで、

実際、

観光都市で流行している事が
非常に多いのだとか。

目に見えないがゆえに
自分が今持っているだとか
あるいはいつ感染したかなんて
誰にもわかりません。

なので、

いつ体内に入って来ても
大丈夫なように、

常に心身共に
健康な状態を保って、

普段から
免疫力を高めておく事が
何より大事だと思いました。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。