インフルエンザの対策には
基本的な事がありますが、

それに加えて、

重症化しやすいといった
リスクが大きい、

赤ちゃん(乳児)や子供
高齢者の場合は特に
どういった点に
注意すればいいのか?

という事を
まとめてみました。

スポンサードリンク

年齢が年齢なだけに
重症化、合併症といった
リスクが大きく

油断してしまうと、
大変な事になりかねません。

最悪の事態を避ける為にも、
ここでの内容が
何かの参考になればと思います。

赤ちゃん(乳児)や子供

ではまずは
まさ小さな子供さんの
予防対策ですが、

まだ赤ちゃん(乳児)の時は
特に周りが予防・対策をしっかりして、
気を付けるようにする事が
大前提となってきます。

そして少し大きくなって
幼稚園や保育園に行くようになると

やはり集団生活なので
嫌でも菌を貰ってきちゃう事は
ある程度は仕方ありません。

なので子供の場合も
まずは大人が気を付けて
その上で子供にも予防対策への
意識を付けてもらいます。

さて、

そんなこんなで
大人も子供もできる対策としては

ウイルスを家の中に持ち込まない。

仕事など、外から帰ってきたら
手洗いとうがいは徹底し、

出来れば手洗い後に
手指はアルコール消毒し、
また、コートなどの上着に
除菌スプレーをしたりと

とにかく

家の中に
インフルエンザウイルスを
持ち込まないのように
する事が大事です。

まだ手洗いできない子は

アルコール除菌の
ウェットティッシュで
拭くようにすれば安心です。

部屋の湿度を50~60%に

インフルエンザウイルスは
乾燥していると活動的になり
湿度50%以上だと
活動が鈍るので

出来れば加湿機を導入して、
部屋の湿度を上げます。

ただし、60%以上にすると
今度はカビやダニが
元気になってしまうので、

50~60%の間で
設定しましょう。

予防接種

インフルエンザの予防接種は
生後6カ月から可能です。
(満6ヶ月)

しかし、
医師(医院)によっては
1歳未満の子供が受けても
あまり意味が無いと
考える人もいるので

病院によっては
受けられない事もあります。

なので、

赤ちゃんの両親や
兄弟姉妹が
予防接種する事を
おススメします。

外出をならべく控える
(外出時は人ごみを避け
マスクを着用する)

人ごみを避けるのは
基本的な対策となっていて、

また、むやみに病院に行くと
病院には患者がいるので
そこからもらってしまう事も
考えられます。

なので外に出る時は
マスクの着用は必須です。

子供さんでも
子供用立体マスクといった
ぴったりとフィットする物も
売られているので

それらの購入も考えてみては
いかかでしょうか。

そしてまた、

まだ生後数か月の赤ちゃんは
そもそも外に出ない事も
非常に有効です。

でもその場合

母親の方が引きこもり生活に
耐えられるのかという
事にもなってきます。

とはいっても

外出してはいけない
って訳では
当然ありませんので

週に2回は
お買い物がてらに散歩するとか
そういう風に決めるなどして

上手く過ごして下さい。

スポンサードリンク

高齢者の対策は?

そしてお次は
赤ちゃんからググイと
年齢をあげまして、

高齢者の方の
予防対策ですが、

高齢者の方も先ほどのように

ウイルスを家の中に持ち込まない
部屋の湿度を50~60%にする

これらは大事です。

そして、予防接種はやはり
受けた方が良いです。

高齢者の場合は
肺炎や気管支炎など
合併症のリスクも出てくるので

それらを少しでも抑える為に

ワクチン接種による対策は
しておいた方がいいです。

あと気を遣うべきは

普段から免疫力を
高めておく身体作りです。

栄養のある食事と
ほどよい運動で
健康的な状態を維持して、

普段から病気に強くて
抵抗力のある身体を
意識して生活する事が重要です。

そうすれば

インフルエンザのみならず
様々な病気にも対抗できますし、

非常に有効な手段と
なってますので
健康を意識した生活を
お過ごしください。

そしてこれは予防でなく
対策でもないですが、

インフルエンザに罹った時に

なまじ大人だけに
「薬飲んでねてりゃ治る」

っと思ってしまって、
むやみに市販薬を
飲みがちなのですが、

薬の成分によっては
危険な場合もあるようなので

油断せずに、

まずはインフルエンザが
疑わしいのであれば
ちゃんと病院に行って、
診断してもらい、

その上で、
薬を処方してもらって下さいね。

最後に

っという事で
赤ちゃん(乳児)や子供
高齢者の対策について

いろいろと書いてきましたが、

基本的な事というか
全てそうっちゃそうですが、
大人や社会人がする対策方法と
変わりありません(^_^)/

なので難しく考えずに

普段からできる事を
やって行く事をおすすめします。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。