インフルエンザに効くという
漢方の「麻黄湯」

その予防効果や
タミフルとの関係
などについて、

まとめております。

スポンサードリンク

こういった漢方系では

風邪の予防や
引きはじめに「葛根湯」
みたいな事は

CMで見た事聞いた事が
ある方もいると思いますが、

「麻黄湯」なる漢方は
果たして我々にどのような効果を
与えてくれるのでしょうか。

麻黄湯で予防できる?

そんなこんなで
麻黄湯(まおうとう)について
いろいろ書いて行く訳ですが、

まず、

麻黄湯は予防というよりも
インフルエンザの
初期症状の段階で飲むと
症状を軽減する効果が
あるようです。

なのでどちらかといえば

予防目的というよりも
治療目的で使用されます。

発汗を促して身体を温める
という作用で、
身体の免疫機能を補助して
症状を抑えていくという感じです。

つまり予防の為だと飲んでも

真の威力は発揮されず、
予防効果はほとんど無いのだとか。

なのでやはり、

インフルエンザ初期の段階で
使用する事で、
身体の抵抗力を高めて
ウイルスをやっつけ行く
という感じになります。

しかし使用には注意があり、

体力がまだ十分ある
比較的軽い症状の段階で
投与する事が望ましい
とされています。

っといいますのも、

麻黄湯はウイルスに対して
直接作用する訳ではなく、

体の防御機能を高める事によって
ウイルスへの抵抗力を高める
というアプローチです。

つまり、

身体がまだ丈夫な人の
免疫力(回復力)を
引き出していく効果になるので、

  • 元々身体が弱い人
  • すでにインフルエンザで
    身体が弱っている人
    (発汗がある・食欲が無い等)
  • 胃腸の調子が悪い人
  • 高齢者で心臓が弱い人
  • 高血圧・心臓病・腎臓病などの人

などに当てはまる人は
使用を避けた方が賢明です。

また、

発汗を促すものなので
既に発熱があり
汗をかいている人には
不向きなんだとか。

なのでとにもかくにも

使用する際にはちゃんと
お医者さんに相談してから
慎重に使うようにして下さい。

まあ医院によっては、

インフルエンザ初期の段階であれば
麻黄湯を処方する所もあるので
その場合は注意をよく守って
使用して下さいね。

これらを気を付けていないと

漢方といえど
副作用がありますので
十分に注意して下さいませ。

って注意ばかりだと

麻黄湯は諸刃の剣みたいな
危険な印象に
なってしまいますが、

初期の段階で飲めば
ちゃんと効果がありますので、

そこは勘違いしないで下さい。

飲み方としては

1日3回で
空腹時がいいそうです。
なので、食前に飲むのが
いいと思います。

そして、
水ではなくお湯で飲む事が
ポイントです。

味は少し苦いそうなので

苦みが苦手な人は
ココアに入れたりすると
飲みやすいのだとか。

また、

体を温める効果のある
ショウガと飲むと
相乗効果でより良いそうです。

スポンサードリンク

効果がタミフルと同じ

近年の研究で

麻黄湯には
抗インフルエンザ薬として
広く使われいる「タミフル」と
同じ効果がある
と発表されています。

タミフルも
初期症状の段階で投与すると
症状を和らげてくれる効果があり、

それと同等の威力を
麻黄湯は発揮するという事です。

そしてまた、

タミフルの服用を続ける事により、
タミフルへの耐性が出来て、
次第に薬が効かなくなってくる
という事が
問題になっていますから、

タミフルへの耐性が
できてしまった人には
なおさら麻黄湯が
注目を浴びています。

しかし先ほどと同様に
繰り返しますが、

麻黄湯が
ご自身の体質に合わなかったり、
また、服用の方法を誤ると
副作用を引き起こすので、

くれぐれもお気を付け下さい。

最後に

タミフルと麻黄湯を併用すれば
かなり効果があるのでは?
っと思った人も
いるかもしれません。

さながら
東洋医学と西洋医学の
コラボレーションみたいな

しかし、

2つの併用を研究した所の
発表によりますと、

併用ではなく
麻黄湯なら麻黄湯
タミフルならタミフルと

単体で使った方が
効果がある事が発表されています。

コラボならずです・・・

では、最後までご覧いただき、
ありがとうございました。